• JICEについて
  • 調査報告・研究成果
  • 助成・表彰・審査制度
  • 技術資料・ソフトウェア
  • 国土を知る

国土を知る / 意外と知らない日本の国土

台風の進路にある日本

台風は毎年、夏や秋にかけて日本にやってきます。そして、大雨や土砂(どしゃ)災害(さいがい)高潮(たかしお)などの災害をおよぼすことがあります。日本に住んでいる以上、台風から(のが)れることはできません。

日本と台風について調べてみましょう。

1年間に平均26.4個の台風が発生し、11.5個の台風が日本に接近する

1951年から2009年までの59年間で、年平均26.4個の台風が発生しました。発生個数は年によってばらつきがありますが、最も台風の発生が多かったのは1967年42年)の39個、最も台風の発生が少なかったのは1998年(平成10年)の16個です。

気象庁によると、台風が日本に上陸したかどうかにかかわらず、台風の中心が日本のどこかの気象(きしょう)官署(かんしょ)(気象台や測候所(そっこうじょ)など)から300km以内に来ることを「接近」と言います。1951年から2009年までの59年間で、年平均11.5個の台風が日本に接近し、年平均2.9個が上陸しました。

なかでも2004年(平成16年)は、この59年間で最も多い19個の台風が日本に接近し、うち10個の台風が日本に上陸しました。

台風の個数

¶豆知識 − 世界の地域(ちいき)によって()び方がちがう台風

(わたし)たちが「台風」と()んでいる熱帯(ねったい)低気圧(ていきあつ)は、世界の地域(ちいき)ごとにさまざまな()び方をされています。

気象庁(きしょうちょう)によると、熱帯の海上で発生する低気圧を「熱帯(ねったい)低気圧(ていきあつ)」と言いますが、このうち北西太平洋(赤道より北で東経180度より西)、または南シナ海に存在し、かつ低気圧内の最大風速(10分間平均)が秒速17.2m(=風力8)以上のものを「台風」と言います。

日本をふくむ北西太平洋・アジアでは「台風」または「タイフーン」。アメリカなどでは「ハリケーン」、その他の地域(ちいき)では「サイクロン」と()ばれています。

台風の進路上にある日本

台風は自分の力では移動できません。風にながされて移動するのです。

春の台風は北半球の低緯度(ていいど)地方で発生します。低緯度(ていいど)地方は、東から西へ風が()いているので、台風は西に進んで、フィリピン方面に向かいます。

夏になると、台風が発生する緯度(いど)が高くなります。台風は、西へ流されながらしだいに北上しますが、日本などが位置する北半球の中緯度(ちゅういど)地方に来ると、上空では西から東へ強い風(偏西風(へんせいふう))が()いているので、台風は高気圧のまわりを回って、速い速度で日本の方向へ向かって来ます。

8月は1年間で最も多く台風が発生しますが、台風を流す上空の風が弱いために不安定な進路をとることが多いです。9月になると南から円をえがくように日本付近を通るようになります。このとき、秋雨(あきさめ)前線(ぜんせん)と一緒になって大雨を()らせることがあります。

季節による台風の進路

台風は大雨や土砂(どしゃ)災害、高潮の被害をもたらす

下の図は、1989年(平成元年)から2008年(平成20年)にかけての20年間に日本付近に接近または上陸し、大きな被害(ひがい)をもたらした58個の台風の進路です。

なかでも、ピンクの太い線は、2004(平成16)年10月の台風23号の進路です。2004年に日本に上陸した台風は、この台風23号が10個目で、1951年の統計開始以来、最多となりました。

台風23号は秋雨(あきさめ)前線(ぜんせん)刺激(しげき)しながら北上し、高波、大雨、土砂(どしゃ)(くず)れ、洪水(こうずい)など、広い範囲(はんい)被害(ひがい)をおよぼしました。台風と前線による降水量(こうすいりょう)(2004年10月18日〜21日)は、四国地方や九州地方北部で500ミリをこえたほか、近畿(きんき)地方(ちほう)北部や中部地方でも300ミリをこえ、広い範囲(はんい)で大雨になりました。高波による堤防(ていぼう)決壊(けっかい)土砂(どしゃ)災害(さいがい)が発生し、死者95人、行方不明者3人、負傷者(ふしょうしゃ)552人、住宅(じゅうたく)被害(ひがい)全壊(ぜんかい)893(むね)半壊(はんかい)7,762(むね)一部(いちぶ)破損(はそん)10,834(むね)になり、平成で最悪の被害(ひがい)でした。

図 20年間に日本に大きな被害をもたらした主な台風の進路

台風23号による兵庫県福知山市大江町での洪水、台風23号の高波で破壊された海岸の堤防

¶豆知識 − 台風の大雨は強風、高波はどうして起こるのか
●台風の「危険(きけん)半円(はんえん)」とは

台風は巨大な空気のうず巻きになっており、北半球では地球の自転の影響をうけて、反時計回りに中心(台風の目)に向かって風が吹きます。

したがって、北上する台風の右半円では、中心に吹きこむ風と台風の進行方向が重なるため、風がより強くなります。このため台風の右側は「危険(きけん)半円(はんえん)」とも()ばれています。

図 台風のうず巻きを吹く風

●台風が()らせる大雨

台風は強い風とともに大雨を()らせます。台風は積乱雲(せきらんうん)が集まったものですから、広い範囲(はんい)に長時間にわたって雨を()らせます。

台風が日本にやってくる時期、日本では9月から10月にかけて秋雨(あきさめ)前線(ぜんせん)が発生している時期です。

秋雨(あきさめ)前線(ぜんせん)とは、夏の亜熱帯高気圧が弱くなって南へ下がり、代わりに北から張り出してきた寒帯高気圧との境で発生するものです。つまり、南からの暖かい空気と北からの冷たい空気が日本上空でぶつかって、そこで雲が発生して雨が()るということです。

台風の南から北へ向かって吹く暖かくて湿った風が、秋雨(あきさめ)前線(ぜんせん)の活動を活発し、大雨を()らせるのです。

●台風による海面の上昇

台風による風が沖から海岸に向かって吹くと、海水は海岸に吹き寄せられて「吹き寄せ効果」と()ばれる海面の上昇が起こります。

また、台風が接近して気圧が低くなると海面が持ち上がります。これを「吸い上げ効果」といいます。気圧が1ヘクトパスカル低くなると、海面は約1cm、気圧の力で上昇すると言われています。例えば、気圧が1,000ヘクトパスカルだったところへ中心気圧950ヘクトパスカルの台風が来ると、台風の中心付近では海面が気圧の力で持ち上げられて、1,000ヘクトパスカルだった時と比べて約50cm高くなるということです。

強風によって波が高くなる「吹き寄せ効果」と気圧が低くなることによる海面の上昇。この2つの効果が重なって、高波が海岸に打ち寄せる「高潮(たかしお)」が発生するのです。

図 台風による海面の「吹き寄せ効果」と「吸い上げ効果」