• JICEについて
  • 調査報告・研究成果
  • 助成・表彰・審査制度
  • 技術資料・ソフトウェア
  • 国土を知る

調査研究

河川

河川政策グループでは、社会ニーズの変化に対応した河川行政の政策立案・展開を技術的にサポートするために、「気づき」を体系化し、規範化・基準化していくことを継続的に実施しています。具体的には、実施要綱や技術基準、検討ツールなどを用いて、最新の政策推進の基礎となる調査・検討を支援し、実施された政策の評価と課題の抽出を行い、それに基づいて基準類・技術資料の改定方針の策定に取り組んでいます。

河川

道路

少子高齢化にともなう働き手の減少や国際競争の激化、自然災害の頻発など、現在のわが国は多様な課題に直面しています。これらの課題に対処するため、効率的な道路網を「つくり」、災害時も含めてその機能を「まもり」、最大の効果を得られるよう賢く「つかう」ことが求められます。
道路政策グループは、道路の持つ多様な機能を視座に据え、将来に向けた先進的な研究に取り組み、道路政策の立案・展開を支援してまいります。

道路

都市

都市・住宅・地域政策グループでは、社会・経済の新たなニーズに対応し、公共団体、民間事業者等の多様な主体による活力ある地域づくり、LRT等の公共交通指向型の持続発展可能なまちづくり、災害に強く、高齢社会に対応したバリアフリー化、空き家・空き地対策など居住環境の改善といった安全・安心な暮らしの実現に向けた調査研究を実施しています。

都市

技術関連

技術・調達政策グループでは、投資に対して最も価値の高いサービスを提供できるよう、 社会資本整備の進め方についての改革を進めていく必要があるという考えに基づき、中立・公正かつ多面的な視点から、「価値の高い良質な社会資本の構築とそれを健全なかたちで後世に引き継ぐための技術」と、「公平・公正で透明な関係を保ちつつ、価値の高い良質な社会資本を構築するための仕組み(調達)」について政策提言を行っています。

技術関連