• JICEについて
  • 調査報告・研究成果
  • 公益事業・その他
  • 技術資料・ソフトウェア
  • 国土を知る

品質方針



JICEは、わが国における人口減少・超高齢社会の進行、自然災害の激甚化や社会資本の老朽化、世界的な社会・経済の環境変化等の国内外の諸状況を踏まえて、
  • 「安全に安心して暮らせる国土」
  • 「人・もの・情報が効率的に通いあえる国土」
  • 「心豊かに暮らせる快適で美しい国土」
の実現を目指し、国民生活の向上に資する政策提言集団として、優れた調査研究成果を提供することで国土交通行政を先導・補完し、もって国民の福祉の増進並びに国土の適正管理及び有効利用の促進に貢献する。

【品質目標】

JICEは、健全で持続可能な経営状態の下で、国民生活の質の向上に資する総合的な政策提案能力や調査研究能力の強化、持続を図ることを目標とする。

  1. 公益事業の的確な展開による公共の福祉への寄与
  • 国土政策研究所における自主研究及び委託研究などのJICE発意による先導的な調査研究を推進し、将来のわが国の社会、国民生活を見据えた国土づくりや社会資本の整備・管理のあり方に関する政策提言を行う。
  • 表彰や助成制度により学界・民間における先進的技術の研究開発や建設技術水準の向上を促し、建設技術の振興に寄与する。
  • 研究成果を積極的に公表・発表し、専門技術者だけでなく、一般の人に対してもわかりやすく価値ある情報として提供することでより広く社会に還元する。
  1. 「全員経営」の理念に基づく業務改善の展開による調査研究の品質向上
  • 経営状況や目的達成のための課題・問題点等を役職員全員が共有し、各々の立場で為すべきこと/為せることを自律的に行うという「全員経営」の理念を、あらゆる機会を通じてJICE内に醸成し浸透させる。その基盤の上に各般にわたる業務改善を展開することで、いっそうやりがいのあるJICEの実現を図り、調査研究の品質向上を図る。
  • 発注者の要求事項を的確に捉えこれを実現する。このため、役職員の多様な分野にわたる技術力と経験、長年に及ぶJICEのナレッジの蓄積、分野横断的な調査研究能力等、JICEの強みを最大限活かしつつ、必要な研究開発等を適切に展開することにより、行政の先導・補完的機能を発揮し得る的確な技術提案を行う。
  • 高品質の成果品を発注者に提供するとともに、バックアップを含めた適切な業務執行体制を構築することで、発注者とのいっそう良好な信頼関係を築き、顧客満足度を向上させる。
  • 調査研究活動について常に評価、分析、改善し、次なる調査研究の展開、新たな分野への挑戦に結実させる。
  • 役職員一人ひとりが自己の力量や果たすべき役割を認識し自己研鑽に励むとともに、人的資源の適切な確保や職位・職階に適合した資質及びスキルの習得に資する計画的・体系的な教育・訓練による人財の育成を図り、調査研究の遂行能力を常に向上させる。
  1. 経営マネージメントの適正な実施と業務環境の改善
  • 「全員経営」の理念の下、「経営戦略会議」を中核として経営マネジメントを適切に実施し、PDCAサイクルを稼働させることで、調査研究のいっそうの品質向上を図るべく、業務全体にわたる改善を図る。これに伴いISO9001品質マネジメントシステムの不断の改善を図る。
  • 「働き方改革」の観点から、役職員は常に「時間の使い方」を工夫し、各所属全体の効率的な業務執行に努め、生産性を向上させる。
  • 「情報セキュリティポリシー」を実現するため、セキュリティの強化を段階的に進めるとともに、コンプライアンスの確保に努める。

2018年6月11日
一般財団法人国土技術研究センター
理事長  谷 口 博 昭