• JICEについて
  • 調査報告・研究成果
  • 助成・表彰・審査制度
  • 技術資料・ソフトウェア
  • 国土を知る

品質方針



JICEは、わが国における人口減少・超高齢社会の進行、自然災害の激甚化や社会資本の老朽化、世界的な社会・経済の環境変化等の国内外の諸状況を踏まえて、
  • 「安全に安心して暮らせる国土」
  • 「人・もの・情報が効率的に通いあえる国土」
  • 「心豊かに暮らせる快適で美しい国土」

の実現を目指し、国民生活の向上に資する政策提言集団として、優れた調査・研究成果を提供することで国土交通行政を先導・補完することにより、国土の適正管理及び有効利用の促進に貢献する。

【品質目標】

 JICEは、設立された経緯を踏まえ、国民生活の質の向上に資する総合的な政策提案能力や調査研究能力の持続、強化を図ることを目標とする。

  1. 公益事業の積極的な展開による公共福祉向上への寄与
     ・国土政策研究所における自主研究などのJICE発意による独自の調査研究を推進し、将来のわが国の社会、国民生活を見据えた国土づくりや社会資本整備のあり方に関する政策提言を行う。
     ・表彰や助成制度により学界・民間における先進的技術の研究開発や建設技術水準の向上を促し、建設技術の振興に寄与する。
     ・先導的な研究成果を積極的に公表・発表し、専門技術者だけでなく、一般の人に対しても社会資本整備の必要性とその整備の方向性等をわかりやすく価値ある情報として提供する。
  2. 役職員の意識改革に基づく業務改善による成果の品質向上
     ・発注者が抱いている問題意識や今日的な施策ニーズを正確に理解し、これに応える有益で実効的な技術提案等を行う。
     ・多様な分野の技術力と経験を有する役職員の総力と学識者等の外部の知見を結集するとともに、発注者との意思疎通を深めることにより信頼関係を築き、付加価値の高い成果品を発注者に提供し、顧客満足を向上させる。
     ・調査研究活動について常に評価、分析、改善し、業務効率を向上させるとともに,次なる調査研究の展開、新たな分野への挑戦に結実させる。
     ・役職員1人1人が自己の力量や果たすべき役割を認識し自己研鑽に励むとともに、人的資源の適切な確保や人材の育成、バックアップを含めた業務執行体制の構築を図り、調査研究の遂行能力を常に向上させる。
     ・JICE全体で有益な知見やデータの蓄積、個別の優れた取り組みなどの情報共有を行うとともに、業務内容に応じた柔軟なプロジェクトチーム編成などにより、調査研究の生産性、効率性を向上させる。
  3. 経営マネージメントの適正な実施と業務環境の改善
     ・I経営マネージメントの適正な実施の下で、PDCAサイクルを稼働させ、調査研究の質的向上を図るとともに、効果的・効率的なものになるようにISO9001品質マネジメントシステム等を常に見直す。

2016年4月25日
一般財団法人国土技術研究センター
理事長  谷 口 博 昭