• JICEについて
  • 調査報告・研究成果
  • 助成・表彰・審査制度
  • 技術資料・ソフトウェア
  • 国土を知る

国土を知る / 意外と知らない日本の国土

日本は、およそ東経とうけい120度から150度、北緯ほくい20度から45度の間にある

世界地図や地球儀(ちきゅうぎ)を見て、日本のある場所を見てみましょう。

日本は、ユーラシア大陸の東にあり、大陸と太平洋の境目に位置しています。アジアのなかでも、東アジア()ばれる地域(ちいき)にあります。

日本は海に囲まれているため、陸地で国境を接している国はありませんが、韓国(かんこく)大韓民国(だいかんみんこく))や北朝鮮(きたちょうせん)朝鮮(ちょうせん)民主(みんしゅ)主義(しゅぎ)人民(じんみん)共和(きょうわ)(こく))、中国(中華(ちゅうか)人民(じんみん)共和(きょうわ)(こく))、台湾(たいわん)、ロシア連邦(れんぽう)、フィリピン共和(きょうわ)(こく)などの国や地域(ちいき)と海をはさんで近いです。「お(となり)さん」と言ってもよいかもしれません。

日本の位置

日本はユーラシア大陸の東、東アジア地域(ちいき)にある

世界地図や地球儀(ちきゅうぎ)には、(たて)・横に線が引いてありますね。日本の位置を、この線を使って言うことができます。

(たて)の線を「経線(けいせん)」と言い、地球上の東西方向の位置を示します。イギリスの首都ロンドンにある旧グリニッジ天文台を通る経線(けいせん)を0度と定めて、地球を(たて)に切って、東回りを東経(とうけい)、西回りを西経(せいけい)()んで数えます。地球の1周は360度ですから、東経(とうけい)西経(せいけい)は0度から180度までの経度(けいど)があります。1度よりも細かい経度(けいど)は分と秒で表します。1度=60分、1分=60秒と細かく表します。東西の場所を示すときには、「東経(とうけい)139度45分58秒」というように経度(けいど)を数えます。

横の線を「緯線(いせん)」と言い、地球上の南北方向の位置を示します。赤道を緯度(いど)0度と定めて、地球を横に切って、北半球を北緯(ほくい)、南半球を南緯(なんい)()んで数えます。北極点を北緯(ほくい)90度、南極点を南緯(なんい)90度として、0度と90度の間を90等分して緯線(いせん)の1度としています。1度よりも細かい緯度(いど)は分と秒で表します。1度=60分、1分=60秒と細かく表します。南北の場所を示すときには、「北緯(ほくい)35度40分53秒」というように緯度(いど)の数字を数えます。

東経(とうけい)139度45分58秒、北緯(ほくい)35度40分53秒と言うと、地球上のたった1つの場所を表すことになります。この場所は東京駅です。

世界地図の経線(横の線)と緯線(縦の線)

それでは、日本の位置を経度(けいど)緯度(いど)で見てみましょう。

日本の国土は、おおよそ、東経(とうけい)120度から150度の間、北緯(ほくい)20度から45度の間にあります。特に、東経(とうけい)135度、北緯(ほくい)35度が日本のほぼ真ん中を通っています。

東経(とうけい)0度のあるイギリスから見ると、日本はずいぶん東の方にあることがわかります。日本と同じような経度(けいど)にあるのは、北は朝鮮(ちょうせん)半島やロシアの沿海州(えんかいしゅう)()ばれる地域(ちいき)、南はオーストラリアなどの国です。

地球は反時計まわりに自転しているので、東にある地域(ちいき)から順に夜明けをむかえます。ですから、日本とこれらの国や地域(ちいき)は、ほぼ同じくらいの時間に夜明けをむかえます。東経(とうけい)0度のあるロンドンは、日本から遅れること9時間後に夜明けをむかえます。日本がお昼の12時になっても、ロンドンではまだ夜中の3時です。

また、北緯(ほくい)20度から45度の間にある日本は、赤道と北極との間の真ん中からくらいにあることがわかります。このように、北半球の真ん中くらいの緯度(いど)にある国や地域(ちいき)のことを、「中緯度(ちゅういど)地方」などと()ぶことがあります。日本と同じように、北半球の「中緯度(ちゅういど)地方」にある国々をさがしてみましょう。西は中国、イランやイラク、トルコ、スペインなどの国々、東は太平洋をはさんでアメリカがそうです。

緯度(いど)の数字が小さいと赤道に近いので気温が高い地域(ちいき)ですし、緯度(いど)の数字が大きいと北極や南極に近いので気温が低い地域(ちいき)です。それならば、中国、イラン、イラク、トルコ、スペイン、アメリカなどの国々は日本と同じような気候でしょうか。そうではありません。海や山によって空気の動き方や気温の変化などがちがうので、日本と同じ季節なのに日本よりも暑い国もあれば寒い国もあります。

世界地図における日本の位置

日本は弓なりの形をしている島国

日本の島々のことを「日本列島(れっとう)」と()びます。島々が、まるで弓のようにそり返った形で列をなして並んでいるので「弓なりの形」と、たとえて言うことがあります。

また、弓なりの形が円周の一部分(円弧(えんこ))のようにも見えることから、(むずか)しい用語では「弧状(こじょう)列島(れっとう)」や「(とう)()」と言います。日本の国土は、北海道、本州、四国、九州を中心とした日本列島のほかに、千島(ちしま)列島(れっとう)琉球(りゅうきゅう)列島(れっとう)伊豆(いず)小笠原(おがさわら)諸島(しょとう)のような、いくつかの弧状(こじょう)列島(れっとう)が連なっているのが特徴(とくちょう)です。

 国土交通省によると、日本には6852の島々があります(島の周囲が0.1km以上のもので、埋立地(うめたてち)は除きます)。このうち本州、北海道、四国、九州と沖縄本島を除き、住民登録(とうろく)がある(市役所や町村役場に住所として届け出ている)島は314あるそうです。

弓なりの形をしている島国 日本

¶豆知識 − 世界の弧状こじょう列島れっとう

島が弓なりの形に(つら)なる弧状(こじょう)列島は、地球上では日本だけではなく、フィリピンやインドネシア、中央アメリカのカリブ海などでも見ることができます。世界地図や地球儀(ちきゅうぎ)で確かめてみてください。

弧状(こじょう)列島の近くの海には、海底が深く入りこんだ「海溝(かいこう)」があり、地震(じしん)や火山活動が見られます。日本の国土の弓なりの形は、こうした地球の活動とも関係があるのです。

日本の国土の面積は約37万8000平方km

日本の国土の面積は、約37万8000平方kmだということは、学校で習ったと思います。

日本の国土の大部分を()めるのは、北海道、本州、四国、九州の4つの大きな島です。小さい順に並べると四国、九州、北海道、本州の順番となります。九州は四国の2倍の大きさ、北海道は四国の4倍の大きさ、本州は四国の12倍の大きさです。くわしい面積は下の表を見てください。

¶豆知識 − 面積の比率は、四国:九州:北海道:本州=2:4:8:24

四国を1とした面積の比は、「四国:九州:北海道:本州=1:2:4:12」となります。比の数字をわざと2倍にすると、「四国:九州:北海道:本州=2:4:8:24」となります。数字を合計すると、2+4+8+24=38となります。日本の国土面積を1万の位までの概数(がいすう)にして約38万平方kmとすると、四国=約2万平方km、九州=約4万平方km、北海道=約8万平方km、本州=約24万平方kmとなり、とても覚えやすいです。

表 日本の島面積(大きい順)

地方別に見ると、北海道地方の大きさがよくわかります。

地方別の面積

同じ縮尺でならべたときの各地方の大きさ

¶豆知識 − 調べた年によって面積がちがうことに注意しよう

面積は調べた年によってちがいます。それは、海岸などが()められて陸地が増えることがあるからです。例えば、2009年(平成21年)10月1日の日本の面積は約37万7947平方kmですが、その10年前の1999年(平成11年)10月1日の面積は約37万7864平方kmでした。10年間に約83平方kmの面積が増えました。

面積を100の位で四捨五入(ししゃごにゅう)して約37万8000平方kmと言えば、10年前と変わりありませんが、くわしい数字で面積を言おうとすると、このように少しちがいが出てくるので、何年に調べた数字なのかを書くと、ほかの人に教えるときにわかりやすく伝わります。

日本の東西南北のはしはどんなところ

日本の東西南北の(はし)はどんなところでしょうか。それぞれ、見てみましょう。

日本の東西南北の端と経度・緯度

最東端(さいとうたん) 〜 南鳥(みなみとり)(しま)(東京都)

一辺が約2kmの正三角形の形をしている島で、最高地点でも標高8mくらいしかありません。

東京都小笠原村(おがさわらむら)に所属していますが、東京(新宿区の東京都庁(とちょう))から直線(ちょくせん)距離(きょり)で約1870km(はな)れています。小笠原村(おがさわらむら)(ちち)(じま)からでも約1220km(はな)れています。

島には住民はいませんが、気象観測などの仕事のために気象庁(きしょうちょう)や自衛隊の人たちが交代しながら駐在(ちゅうざい)しているそうです。一般の人は島に上陸することはできません。食料や交代する人などを自衛隊の飛行機で運んでいますが、埼玉県(さいたまけん)にある自衛隊の基地から片道(かたみち)でも約4時間かかるそうです。

日本の最東端 南鳥島

最西端(さいせいたん) 〜 与那国(よなぐに)(じま)西崎(いりざき)沖縄県(おきなわけん)

沖縄県(おきなわけん)与那国(よなぐに)(じま)の「西崎(いりざき)」という(みさき)が日本最西端(さいせいたん)です。誰でも行くことができ、最西端(さいせいたん)()も建てられています。

与那国(よなぐに)(じま)は人口約1600人の島です(平成22年12月1日現在、与那国島(よなぐにじま)町役場による)。沖縄県(おきなわけん)県庁(けんちょう)所在地(しょざいち)那覇市(なはし)から約510kmも(はな)れています。島の周辺の海底は「海底(かいてい)遺跡(いせき)」と()ばれる独特の地形をしていて、ダイバーに人気の島です。

日本の最西端 与那国島

最南端(さいなんたん) 〜 沖ノ鳥島(おきのとりしま)(東京都)

周囲11kmほどのサンゴがつくった環礁(かんしょう)の中にある東小島と北小島の2島からなる無人島です。きちんと郵便(ゆうびん)番号(ばんごう)も住所もあります。〒100-2100東京都小笠原村(おがさわらむら)沖ノ鳥(おきのとり)島1番地(北小島)及び2番地(東小島)です。東京(新宿区の東京都庁(とちょう))からは約1740km、東京都小笠原村(おがさわらむら)(ちち)(じま)からでも南西へ約910km(はな)れています。沖縄県(おきなわけん)那覇(なは)()から南東へ約1100km(はな)れています。

沖ノ鳥島(おきのとりしま)は、北緯(ほくい)20度にありますが、ベトナムの首都ハノイやハワイのホノルルが北緯(ほくい)21度にあり、ほぼ同じ緯度(いど)になります。日本の最南端(さいなんたん)の島がハワイと同じくらいの緯度(いど)で、しかも東京都だというのがおどろきですね。

日本の最南端 沖ノ鳥島

最北端(さいほくたん) 〜 択捉(えとろふ)(とう)カムイワッカ(みさき)(北海道)

択捉(えとろふ)(とう)は、北海道の北東の(はじ)からオホーツク海と太平洋を分けてのびる列島(れっとう)にある島の1つです。面積は約3183平方km、島の長さ約204km、(はば)は約6〜30kmの細長い形をしています。この島にある「カムイワッカ(みさき)」が日本最北端(さいほくたん)で、北緯(ほくい)45度です。

ほぼ同じ緯度(いど)にある世界の都市は、イタリアのミラノ、カナダのモントリオール、フランスのリヨン、ユーゴスラビアの首都ベオグラードなどです。東京は北緯(ほくい)35度ですが、イギリスの首都ロンドンは北緯(ほくい)51度、フランスの首都パリは北緯(ほくい)48度ですから、ヨーロッパの大部分は日本の最北端(さいほくたん)よりも北にあるのです。

日本の最北端 択捉島

¶豆知識 − 日本人が住んでいる国土の東西南北の(はし)

日本最北端(さいほくたん)択捉(えとろふ)(とう)は、ロシアに占拠(せんきょ)されているので、いまは日本人は住んでいません。最東端(さいとうたん)南鳥(みなみとり)(しま)最南端(さいなんたん)沖ノ鳥島(おきのとりしま)は、一般の人は立入禁止です。最西端(さいせいたん)与那国(よなぐに)(じま)は人が住んでいます。国土の最西端(さいせいたん)であり、日本人が住む国土の最西端(さいせいたん)の島です。

では、日本人が住んでいる最北端(さいほくたん)最東端(さいとうたん)最南端(さいなんたん)はどこでしょうか。

日本人が住んでいる最北端(さいほくたん)最東端(さいとうたん)は北海道です。北海道の宗谷(そうや)(みさき)最北端(さいほくたん)納沙布(のさっぷ)(みさき)最東端(さいとうたん)です。人が住んでいる最南端(さいなんたん)は、沖縄県(おきなわけん)八重山郡(やえやまぐん)竹富町(たけとみちょう)にある()(てる)間島(まじま)です。イリオモテヤマネコで有名な西表(いりおもて)(じま)の南にあります。島民約500人が住んでいます。

日本人が暮らしている東西南北の端

日本の領土(りょうど)領海(りょうかい)領空(りょうくう)

どこからどこまでが日本という国の範囲(はんい)かを考えてみましょう。

ふつう、国土と言ったときには陸地をイメージしますね。日本という国の範囲(はんい)は、北海道、本州、四国、九州の4つの大きな島と周りの小さな島々です。こうした島々の陸地に住んでいます。日本という国の陸地にいる限り、日本人も外国人も日本の法律(ほうりつ)を守らなければなりません。この日本の島々からなる陸地を領土(りょうど)と言います。

日本の周りには海が広がっていて、海の近くに住んでいる人たちが漁業をしています。また、船が航行しています。陸地や海の上空では飛行機が飛んでいます。でも、外国の船や飛行機が勝手に日本の近くまでやってきて、海や空で好き勝手なことをされては(こま)ります。このため、海や空にも、日本の法律を守らなければならない範囲(はんい)があります。こうした日本の海のことを「領海(りょうかい)」と言い、日本の空のことを「領空(りょうくう)」と言います。

日本の国の範囲(はんい)は、領土(りょうど)領海(りょうかい)領空(りょうくう)を合わせたものです。この中では、日本人も外国人も、日本の法律を守らなければなりません。

領土(りょうど)・・・国土を形づくる陸地のことです。

領海(りょうかい)・・・基準となる海岸線(基線(きせん))から海側へ12海里(かいり)(約22.2km)までが領海(りょうかい)範囲はんいです。外国船が日本の領海(りょうかい)を航行するときには、日本の法律を守らなければなりません。

領空(りょうくう)・・・領土(りょうど)領海(りょうかい)の上空を言います。高さ何メートルまでを領空(りょうくう)と認めるか国際的な決まりはありませんが、宇宙(うちゅう)はどこの国のものではないと宇宙(うちゅう)条約(じょうやく)で決められています。

領土と領海、領空のイメージ絵

ところで、海については、世界の国々との共通のルールである国連(こくれん)海洋法(かいようほう)条約(じょうやく)で、「領海(りょうかい)」のほかに「接続(せつぞく)海域(かいいき)」や「排他的(はいたてき)経済(けいざい)水域(すいいき)」という海域(かいいき)をとることができます。「接続(せつぞく)海域(かいいき)」や「排他的(はいたてき)経済(けいざい)水域(すいいき)」でも日本にいろいろな権利(けんり)が認められています。くわしくは、このホームページの「海に囲まれている国 日本」を見てください。

下の図は、外国が(おか)すことができない日本固有の領土(りょうど)領海(りょうかい)領空(りょうくう)領土(りょうど)領海(りょうかい)の上空です)、接続(せつぞく)海域(かいいき)排他的(はいたてき)経済(けいざい)水域(すいいき)範囲はんいです。

日本の国の範囲

¶知って欲しい日本の最北端(さいほくたん) − 北方領土は千葉県や愛知県と同じくらいの面積

北海道の北東の(はじ)からオホーツク海と太平洋を分けてのびる列島(れっとう)に、(はぼ)(まい)群島(ぐんとう)(しこ)(たん)(とう)国後(くなしり)(とう)、そして、日本の最北端(さいほくたん)の島、択捉(えとろふ)(とう)があります。これらの島々は「北方(ほっぽう)領土(りょうど)」や「北方(ほっぽう)四島(よんとう)」と()ばれています。

北方領土の位置

1945年(昭和20年)、第二次世界大戦に降伏(こうふく)した日本は、アメリカを中心とする連合国に占領(せんりょう)されましたが、北方(ほっぽう)領土(りょうど)千島(ちしま)列島(れっとう)は、当時のソビエト連邦(れんぽう)(いまのロシア連邦(れんぽう))という国が占領(せんりょう)しました。日本は、1951年(昭和26年)にサンフランシスコ平和条約に調印(ちょういん)し、第二次世界大戦までに外国との戦争で得た領土を放棄(ほうき)することになりました。

このとき、千島(ちしま)列島(れっとう)放棄(ほうき)することになりましたが、北方(ほっぽう)領土(りょうど)の島々は、日本人が開拓(かいたく)し、日本人が住みつづけた島で、一度も外国の領土になったことがありません。このため、日本政府は、北方(ほっぽう)領土(りょうど)放棄(ほうき)する必要のない日本固有の領土であると主張しています。しかし、ソビエト連邦(れんぽう)北方(ほっぽう)領土(りょうど)をそのまま占拠(せんきょ)し続け、国がロシア連邦(れんぽう)に変わったあと、いまでも占拠(せんきょ)し続けています。日本政府はロシア連邦(れんぽう)に対し、北方(ほっぽう)領土(りょうど)を日本に返す話し合いを続けるよう()びかけています。

ところで、北方(ほっぽう)領土(りょうど)はどれくらいの大きさか知っていますか。なんと、千葉県や愛知県と同じくらいの面積があるのです。択捉(えとろふ)(とう)の面積は約3183平方kmで、四国の次に大きい日本第5位の島です。国後(くなしり)(とう)は約1499平方kmで、日本第6位の島です。2つの島とも、沖縄(おきなわ)(じま)(約1208平方km)よりも大きいのです。そして、(はぼ)(まい)群島(ぐんとう)(しこ)(たん)(とう)国後(くなしり)(とう)択捉(えとろふ)(とう)を合計した面積は、約5036平方kmあります。千葉県の面積は約5157平方km、愛知県の面積は5165平方kmですから、それぞれの県の面積と同じくらいの大きさです。

次に北方(ほっぽう)領土(りょうど)の長さですが、国後(くなしり)(とう)は全長約122km、択捉(えとろふ)(とう)は全長約204kmです。2つの島の間に約22 kmの(はば)海峡(かいきょう)があります。したがって、国後(くなしり)(とう)の端から択捉(えとろふ)(とう)の端までの長さは約350kmあります。東海道新幹線の東京−名古屋間が約340kmですから、北方(ほっぽう)領土(りょうど)はとても長いですね。

北方(ほっぽう)領土(りょうど)は日本地図の北東(ほくとう)のはじっこで目立ちませんが、実はとても大きいのです。

北方領土の位置と大きさ

¶知って欲しい日本の最南端(さいなんたん) − 沖ノ鳥島(おきのとりしま)の保護

日本の最南端(さいなんたん)の島、沖ノ鳥島(おきのとりしま)は、周囲わずか11kmのサンゴ(しょう)の上に、満潮(まんちょう)()には高さ、(はば)とも数m程度の2つの小島が海面上に顔を出すだけの小さな島です。

この島では、いま大変な問題が起こっています。実は、第二次世界大戦前の調査ではサンゴ(しょう)のなかに6島があったそうですが、自然の風化や波に浸食(しんしょく)されるなどして島が(くだ)けてなくなってしまい、現在では2島しか残っていないのです。もし、この2島の風化や浸食(しんしょく)がさらに進んだり、地球温暖化おんだんかによる海面上昇(じょうしょう)によって、満潮(まんちょう)()に海面下に(かく)れてしまうようなことになると、国際(こくさい)条約(じょうやく)では島とは(みと)められなくなってしまいます。

そこで、日本政府は2島の周りに消波ブロックを置いたり、島の周りをコンクリートで固めるなどして、島を保護しています。

また、沖ノ鳥島(おきのとりしま)は、日本の「排他的(はいたてき)経済(けいざい)水域(すいいき)」の範囲(はんい)を決める上でもたいへん重要な島です。「排他的(はいたてき)経済(けいざい)水域(すいいき)」とは、国連(こくれん)海洋法(かいようほう)条約(じょうやく)という世界の国々との共通のルールで認められたもので、魚などの水産(すいさん)資源(しげん)や海底の天然(てんねん)資源(しげん)などを日本の支配下におくことができる海域かいいきのことです。日本の「排他的(はいたてき)経済(けいざい)水域(すいいき)」のなかでは、外国船が日本にことわりなく漁をしたり、海底の天然(てんねん)資源(しげん)などを採ったり、天然(てんねん)資源(しげん)があるかどうか調査することなどはできません。沖ノ鳥島(おきのとりしま)があるおかげで、日本は島を中心に半径約340kmの「排他的(はいたてき)経済(けいざい)水域(すいいき)」を持つことができるのです。くわしくは、このホームページの「海に囲まれている国、日本」を見てください。

沖ノ鳥島の位置と2つの小島を消波ブロックやコンクリートで保護している様子

日本は東西・南北に3000kmずつ長い国

日本は、東西南北にどれくらいの大きさがあるのでしょうか。

インターネットの計算プログラムに経度(けいど)緯度(いど)を入力して、日本の東西南北の長さ(直線距離ちょくせんきょり)を求めてみました。

日本の南北の長さ(最南端(さいなんたん)沖ノ鳥島(おきのとりしま)から最北端(さいほくたん)択捉(えとろふ)(とう)までの緯度(いど)の差)は2787km、東西の長さ(最東端(さいとうたん)南鳥(みなみとり)(しま)から最西端(さいせんたん)与那(よな)国島(ぐにしま)までの経度(けいど)の差)は約3146kmでした。日本は東西南北に約3000kmずつ長いということがわかります。

日本の国土の東西南北の長さ

南北に長いと気候がちがう、動物や植物の生息(せいそく)がちがう

日本は南北に長いので、北海道と沖縄(おきなわ)では気候が大きく変わります。

ロシアや中国など、もとより国土が大きい国ならばともかく、日本くらいの国土面積の国で、1つの国の中でこうも気候の差がある国はそう多くはないでしょう。1年間の平均気温を見ると、最も寒い北海道の内陸部(ないりくぶ)と最も(あたた)かい沖縄(おきなわ)とでは、実に15度以上もちがいます。

1年間の平均気温

みなさんが住んでいるところでは、桜の花は何月のいつごろに()くでしょうか。

例えば、ソメイヨシノという品種の桜の開花時期を見てみましょう。2010年の開花予想(日本(にほん)気象(きしょう)協会(きょうかい)による)では、九州地方の開花時期は3月の中ごろです。中部地方の日本海側や東北地方の南部では4月の中ごろ、東北地方の北部は4月の終わりころです。北海道では5月に入ってからが開花時期です。このように、日本は南北に非常に長いので、桜の開花時期が九州地方と北海道地方とでは2か月近くもちがうのです。

逆に、秋になれば、紅葉(こうよう)は北から南に下がってきます。これも同様に数ヶ月の時期のちがいがあります。

桜の開花予想

日本の多くの地域(ちいき)温帯(おんたい)気候(きこう)ですが、南は亜熱帯(あねったい)に属し、北は亜寒帯(あかんたい)にも属します。これだけ気候がちがうと、動物や植物の生息(せいそく)がちがってきます。

例えば、青森県の下北(しもきた)半島(はんとう)はニホンザルが生息(せいそく)する北限(ほくげん)として有名です。また、千葉県(たて)山沖(やまおき)の海はサンゴが生息(せいそく)する北限(ほくげん)と言われています。ヒノキの木は北限(ほくげん)栃木県(とちぎけん)や福島県あたり、南限(なんげん)鹿児島県(かごしまけん)()久島(くしま)と言われています。

下の図は、日本の森林分布です。(あたた)かい地方では照葉樹林(しょうようじゅりん)、中部地方より北のすずしい地方には落葉(らくよう)広葉(こうよう)樹林(じゅりん)、そして北の寒い地方では落葉(らくよう)しない針葉(しんよう)樹林(じゅりん)が成り立っています。

日本の森林分布

最近は、日本全体が少しずつ(あたた)かくなってきて、生物の()らす環境(かんきょう)も変化しているようです。クマゼミは日本国内に生息(せいそく)するセミでは最大級の大きさのセミですが、温暖(おんだん)な気候を好み、西日本に多く生息(せいそく)しています。寒さに弱いので、これまで北限(ほくげん)は関東地方の南部だと言われてきましたが、これまでクマゼミを見たことがない福島県や新潟県(にいがたけん)でもが見られるようになってきたそうです。

東西に長いと時間差がある

日本を東西の長さで見てみると、最東端(さいとうたん)最西端(さいせいたん)とでは「時差(じさ)」があります。日本(にほん)標準(ひょうじゅん)()東経(とうけい)135度ですね。兵庫県明石市(あかしし)はちょうど東経(とうけい)135度00分00秒の経線(けいせん)の上にあることで有名です。したがって、明石市(あかしし)では正午に太陽の位置が真南に来ます。(これを「南中(なんちゅう)」と言います。)

ところが、太陽は1時間に15度ずつ東から南、西へと動きますから、東経(とうけい)145度に近い北海道根室市(ねむろし)では、明石市(あかしし)よりも約40分早く太陽が真南に来ますし、東経(とうけい)125度に近い沖縄県おきなわけん与那国(よなぐに)(じま)では、明石市(あかしし)よりも約50分遅く太陽が真南に来ます。

下の表は、2009年の夏至(げし)の日と冬至(とうじ)の日の、日の出の時刻と南中の時刻、日の入りの時刻を示したものです。根室市(ねむろし)で東に太陽が昇っても与那国(よなぐに)(じま)ではまだ夜明け前です。逆に、根室市(ねむろし)では西に太陽が沈んだのに与那国(よなぐに)(じま)ではまだ太陽が西日(にしび)()らしています。

もし、根室市(ねむろし)の人が与那国(よなぐに)(じま)を訪れたなら、南北の差で気温も大きくちがいますし、日没時間も西の方が遅いので、1日の長さもちがうように感じるかもしれません。

2009年夏至の日と冬至の日 日の出時刻、南中時刻、日の入り時刻