• JICEについて
  • 調査報告・研究成果
  • 助成・表彰・審査制度
  • 技術資料・ソフトウェア
  • 国土を知る

技術資料・ソフトウェア / ソフトウェア

河川計画シュミレータ 流出解析システム

toppage 流出解析システムのマニュアル 流出解析システムのダウンロード 流出解析システムのFAQ 流出解析システムに関する問合せ先

流出解析システムについて

 流出解析システムは、対象とする流域を流域、河道、ダム、内水地等にモデル化した流域の流出モデルの作成から流出計算までを半自動的に処理することができ、洪水流出特性の検討等の一連の検討作業を行うことができます。

流出解析システムの特徴

 流出解析システムは、対象とする水系・洪水毎に流出特性を把握(データ、パラメータ化)することが可能であり、これらの基本データをもとに流出量の推算・予測を行えます。流出解析システムの主な特徴は以下のようなものです。

主用途である流出モデルのパラメータ同定、推算および洪水予測が可能

 対象とする流域・洪水に対する流出解析結果の流出モデルおよびパラメータを保持できます。また、同定されたパラメータを用いた推算ハイドロの算定、洪水予測を行えます。

半自動的なデータ処理により作業の高効率化が可能

 降雨データ処理(ティーセン計算)を行えます。

流出計算モデルを複数内蔵する

 流域の流出モデルには、現在の工実モデルである木村の貯留関数法を備えます。また河道には、貯留関数、時間遅れを内蔵しています。

GUIによるグラフィカルな操作が可能

 流出モデル(模式図)の作成及び表示を行えます。流出解析結果のハイエト、ハイドロ、ピーク流量を水系基準点・主要地点毎に表示及び印刷ができます。ハイエト、ハイドロに関してはテキスト表示及び印刷も可能です。

「基本高水検討 作業 提出様式」のデータ書式に準拠

 “ 「基本高水検討 作業 提出様式」(財)国土技術研究センター”のデータ書式に準拠しているため、表計算ソフトからのカット&ペースト等のデータ挿入が容易です。