• JICEについて
  • 調査報告・研究成果
  • 助成・表彰・審査制度
  • 技術資料・ソフトウェア
  • 国土を知る

助成・表彰・審査制度 / 国土技術開発賞

第4回国土技術開発賞

建設分野の新技術への挑戦

第4回国土技術開発賞

「国土技術開発賞」は、国と社会が要請する新しい建設産業における技術開発を総合的、効果的に行うとともにその活用に向けた普及を推進するため、建設産業における優れた新技術及びその開発に貢献された技術開発者を対象に表彰する事業です。

同事業は、平成10年度に財団法人国土技術研究センターが「建設技術開発賞」と称して創設(平成11年度より表彰を開始)した事業で、その後、平成13年1月の国土交通省発足を機に、「国土技術開発賞」と改名するとともに、財団法人沿岸開発技術研究センターとの共催で実施することとし、民間等の建設産業における新技術の開発者に対する研究開発意欲の啓発と建設技術水準の向上を図り、もって「世界に誇れる暮らし」の実現を支える社会資本に必要となるソフトな面も含めた広範な新技術を対象として実施しています。

この度、「第4回国土技術開発賞」では、46件(第1回75件、第2回43件、第3回59件)の新技術の応募をいただき、第4回国土技術開発賞選考委員会において厳正な審査を行った結果、14件(最優秀賞1件、優秀賞3件、入賞10件)の技術の入賞が決定しました。

実施主体

主  催: 財団法人 国土技術研究センター
財団法人 沿岸技術研究センター
後  援: 国土交通省
協  賛: 財団法人 日本建設情報総合センター
財団法人 先端建設技術センター
財団法人 港湾空港建設技術サービスセンター

対象技術

住宅・社会資本に係わる、計画・設計手法、施工方法、維持管理手法、材料、機械などの広範に亘る技術で、概ね過去5年以内に技術開発され、かつ過去3年間以内に実用に供された新技術とします。

賞の種類

最優秀賞: 国土交通大臣表彰
優秀賞: 国土交通大臣表彰
入 賞: 選考委員会委員長表彰

応募資格等

1.応募者

応募技術を中心となって開発した「個人」、「民間法人」とします。
なお、行政機関、特殊法人、独立行政法人及び公益法人(以下、「行政機関等」という。)については、新技術を率先して開発、活用又は普及する立場にあること等から、本制度の趣旨に鑑み、下記の「共同開発者」として対象とします。

2.共同開発者

共同開発者は、応募技術の開発に関し、限られた範囲での参画を行った「個人」や「民間法人」、多寡に係わらず参画を行った「行政機関等」とし、応募技術が入選した際の表彰対象とはなりませんが公表対象には含みます。

3.技術開発者

技術開発者は、応募技術の開発に直接かつ中心となって携わった民間法人の担当者とし、応募技術が入選した際の個人表彰の対象者とします。
なお、応募者並びに共同開発者以外の民間法人に所属する者も技術開発者の対象とします。

募集期間

平成14年3月4日(月)から平成14年4月5日(金)

選考方法

応募された書類に基づき、第4回国土技術開発賞選考委員会において選考

選考委員会委員

委員長 中村英夫 (武蔵工業大学教授)
委 員 中川博次 (立命館大学教授)
 〃  国土交通省  技監
 〃  国土交通省  大臣官房技術総括審議官
 〃  国土交通省  大臣官房技術審議官
 〃  国土交通省  国土技術政策総合研究所長
 〃  国土交通省  国土地理院長
 〃  独立行政法人 土木研究所理事長
 〃  独立行政法人 建築研究所理事長
 〃  独立行政法人 港湾空港技術研究所理事長
 〃  財団法人   国土技術研究センター理事長
 〃  財団法人   沿岸開発技術研究センター理事長

最優秀賞:ゼロスペース工法

副題:開削工事における道路上掘削幅縮小技術

受賞技術の応募者および開発者

最優秀賞
扇千景国土交通大臣と最優秀賞の受賞者
(02.07.18)

応募者名 (株)関電工
受賞技術の概要

優秀賞:高含水泥土造粒固化処理工法

副題:資源循環型社会に対応した浚渫土等の高含水泥土リサイクル工法

受賞技術の応募者および開発者
応募者名 五洋建設(株)
受賞技術の概要

優秀賞:Tヘッドバー工法

受賞技術の応募者および開発者
応募者名 清水建設(株)
第一高周波工業(株)
受賞技術の概要

優秀賞:近自然型海浜安定化工法

副題:透水層埋設による海浜安定化工法

受賞技術の応募者および開発者
応募者名 (株)テトラ
日鐵建材工業(株)
受賞技術の概要

入賞:トレカラミネート工法

副題:炭素繊維強化プラスチック(CFRP)板による構造物の補修・補強工法

受賞技術の応募者および開発者
応募者名 (株)大林組
東レ(株)
日本シーカ(株)
受賞技術の概要

入賞:トンネル軸方向水平コッター式RCセグメント

副題:WALL-Wedge Axially Lodged Lining

受賞技術の応募者および開発者
応募者名 (株)大林組
受賞技術の概要

入賞:アクアプラ工法

副題:プラスチック製充填体アクアトラップ(またはアクアブリック)を用いた雨水貯留浸透工法

受賞技術の応募者および開発者
応募者名 東急建設
(株)明治ゴム化成
タキロン(株)
三菱商事プラスチック(株)
受賞技術の概要

入賞:高耐震性・低コストの鉄骨柱・梁接合技術

副題:ノンウェルド工法とウィングビーム工法

受賞技術の応募者および開発者
応募者名 (株)大林組

受賞技術の概要

入賞:AMP(Air Mixing Pillar)工法

副題:排泥を全く出さない環境に優しい地盤改良工法

受賞技術の応募者および開発者
応募者名 西松建設(株)
山伸工業(株)

受賞技術の概要

入賞:TOFT工法

副題:耐液状化格子状深層混合処理工法

受賞技術の応募者および開発者
応募者名 (株)大林組
(株)竹中工務店
(株)竹中土木
不動建設(株)

受賞技術の概要

入賞:3次元GISによる精密施工法

副題:住環境への影響を配慮した採土地の設計施工管理手法の開発

受賞技術の応募者および開発者
応募者名 (株)間組
(株)ジオスケープ

受賞技術の概要

入賞:ロボQ

副題:住環境への影響を配慮した採土地の設計施工管理手法の開発

受賞技術の応募者および開発者
応募者名 (株)フジタ

受賞技術の概要

入賞:動画データから連続静止画作製技術

副題:最先端画像処理技術(Mofix)によるIT対応型次世代画像

受賞技術の応募者および開発者
応募者名 (株)エマキ

受賞技術の概要

入賞:既存構造物のコンクリート強度調査法「ソフトコアリング」

副題:小径コアによるコンクリート強度調査法

受賞技術の応募者および開発者
応募者名 (株)錢高組
前田建設工業(株)
日本国土開発(株)

受賞技術の概要

記載は応募の受付順、会社名は応募書類の記載順による。