• JICEについて
  • 調査報告・研究成果
  • 公益事業・その他
  • 技術資料・ソフトウェア
  • 国土を知る

最新の助成研究

平成29年度(第19回)研究開発助成の決定

 研究開発助成制度は、平成11年度より実施し、平成28年度までに240件の研究開発助成を行ってまいりました。
 平成29度は、86件のご応募をいただき、学識経験者を含めた委員により構成される審査会における厳正なる審査の結果、13件を対象に研究助成を実施することを決定しました。

助成研究名・研究者氏名等

助成研究名 所属機関 所属機関(学部等) 役職 氏名
@安全に安心して暮らせる国土の実現に寄与するもの
降積雪地域における道路事業の適切な評価手法構築に関する研究 長岡技術科学大学大学院 環境社会基盤工学専攻 助教 伊藤 潤
A人・もの・情報が効率的に通いあえる国土の実現に寄与するもの
積雪道路におけるインフラライトなレーン誘導システムに関する研究 秋田県立大学 システム科学技術学部
機械知能システム学科
教授 御室 哲志
B心豊かに暮らせる快適で美しい国土の実現に寄与するもの
コンテクスト効果にもとづく歴史まちづくりにおける建造物の修景方法に関する研究

愛媛大学

大学院

理工学研究科
生産環境工学専攻
助教 白柳 洋俊
C水災害リスクと防災・減災に関する研究

堤防破壊危険性評価と洪水流・氾濫流解析に基づいた流域水害リスクの分析と被害軽減策に関する研究

中央大学

研究開発機構 准教授 田端 幸輔
流路変動の発現による河道の危険性の物理的推定法の確立 新潟大学 災害・復興科学研究所 准教授 安田 浩保
D河川堤防の信頼性評価に関する研究

出水時の変位モニタリングによる河川堤防の弱点箇所抽出に関する研究

山口大学

大学院

創成科学研究科 准教授 森 啓年
ハザード解析と堤防信頼性解析を融合した洪水リスク解析法の開発 新潟大学 自然科学系 准教授 大竹 雄
E社会潮流の変化に対応した幹線道路ネットワークのあり方に関する研究
都市間道路の途絶・復旧・整備の統合評価手法に関する研究 千葉工業大学 創造工学部都市環境工学科 教授 佐藤 徹治
F人中心や賑わい創出等を目的とした道路空間再構築に関する研究
まちの魅力づくりに貢献する舗装デザインに関する研究

(一社)インター

ロッキングブロック
舗装技術協会

-

会長 中村 俊行
G人口減少社会における持続可能な都市の構築に関する研究
人口シナリオを基にした持続可能性アセスメントによるグリーン・インフラ評価に関する研究 東邦大学 理学部
生命圏環境科学科
専任
講師
柴田 裕希

交通バリアフリーにおける市民参加による

アクセシビリティ改善策の実効性の定量的・定性的検証に関する研究

宇都宮大学 地域デザイン科学部
社会基盤デザイン学科
教授 大森 宣暁
H今後のあるべき建設生産システムに関する研究
セメント系改良地盤の効率的な品質評価手法に関する研究

大成建設

株式会社

技術センター
社会基盤技術研究部
地盤研究室

主席

研究員

石井 裕泰
I社会資本の戦略的な維持管理に関する研究
MEMSセンサを活用した鋼道路橋の疲労環境評価に関する研究 東京都市大学 総合研究所 講師 関屋 英彦

(平成30年2月現在)

審査の観点

審査委員会においては、以下の視点で審査いたしました。

 @応用研究課題:1)先見性、2)応用性・発展性、3)確実性
 A重点研究課題:1)社会ニーズ、2)実現可能性、3)波及効果

審査委員会

委員長 谷口 博昭 一般財団法人 国土技術研究センター 理事長
委 員 池淵 周一 京都大学 名誉教授
委 員 石田 東生 筑波大学 名誉教授
委 員 岡田 恒男 東京大学 名誉教授
委 員 進士 五十八 福井県立大学 学長
委 員 土岐 憲三 立命館大学 衣笠総合研究機構 教授
委 員 森地 茂 政策研究大学院大学 政策研究センター 所長
委 員 三浦 真紀 一般財団法人 国土技術研究センター 理事
委 員 野田 徹 一般財団法人 国土技術研究センター 理事