• JICEについて
  • 調査報告・研究成果
  • 助成・表彰・審査制度
  • 技術資料・ソフトウェア
  • 国土を知る

調査報告・研究成果 / 災害調査報告

台風17号及び18号による鬼怒川被害現地調査報告 〜平成27年9月10日の大雨による被害〜

調査の概要

 平成27年9月6日から8日にかけて、太平洋沿岸に停滞する前線の影響、9日は台風第18号の影響、10日は台風第18号から変わった低気圧に向かって湿った空気が流れ込んだ影響で、東海地方から関東甲信地方を中心に大雨となった。特に10日は茨城県と栃木県に激しい雨を降らせ、多数の河川で越水等による被害が発生した。

 この雨により、鬼怒川では、関東の直轄河川では昭和61年の小貝川以来となる堤防の決壊被害が発生し、これによる浸水範囲は、面積約40平方キロメートル、東西約4キロメートル、南北約18キロメートルに及んだ(航空写真を用いた国土地理院の画像判読による)。

 国土技術研究センターでは9月11日に、茨城県常総市の堤防決壊地点、及び越水地点を中心に、堤防の被災状況、決壊及び越水地点周辺の浸水状況、建物の被害状況を調査した。主な調査位置を図1-1に示す。

 本報告書では,調査の概要を述べた第1章に続き、降雨と出水の状況(第2章)、調査結果(第3章)について記載、被害の概要について報告する。


主な調査位置

ダウンロード