• JICEについて
  • 調査報告・研究成果
  • 助成・表彰・審査制度
  • 技術資料・ソフトウェア
  • 国土を知る

助成・表彰・審査制度 / 国土技術開発賞

第13回国土技術開発賞

優秀賞 ハーフプレキャスト工法を適用した鉄道ラーメン高架橋の構築方法 技術開発者 小西哲司

第13回国土技術開発賞 ハーフプレキャスト工法を適用した鉄道ラーメン高架橋の構築方法
技術開発者 川田建設(株) 小西 哲司

受賞にあたって

 私は対象技術のうち、ハーフプレキャスト部材の製造、架設へ応用できる技術を提案し、実用化する役割に従事してきました。ハーフプレキャスト部材の基本構造を決定するに当り、多くの専門家から貴重なアドバイスを頂きましたこと、皆様に心より感謝いたします。

 本技術の成果であるハーフプレキャスト部材は、従来の土木構造物と同様にコンクリートと鉄筋に、PC鋼材(ピアノ線)を追加補強しただけで構成されるシンプルな物ですが、これを都市内の鉄道線路上で夜間の2時間程度の短時間に確実かつすみやかに設置固定するには、部材同士の納まりや緩衝材、鉄筋の接合方法やその位置が合理的でなければできません。しかし、構造が複雑になれば今度は製造が困難となります。製造から架設までの手順を想像しながら、応用できそうな技術や材料、さらには材料加工方法や安全装置の取り付け器具や方法を織り込み、色々な角度からの3次元パースを描いては消し、描いては消して基本形にたどり着きました。その介があって、実際の施工において安全かつ速やかに施工ができると、企業者様や実作業に当られる皆様方からお褒めの言葉を頂いております。

受賞後の動き

 経済損失が1.4兆円にも上ると試算される「開かずの踏切問題」を早期に解消することに大きく寄与できる本技術ですが、鉄筋が輻輳する、部材同士の接合部はまだまだ手間がかかります。少子高齢化の時代に適合できるような、「無人化」施工に近づけるよう、常に初心を忘れることなく、さらなる改良に努めていきたいと思います。