• JICEについて
  • 調査報告・研究成果
  • 助成・表彰・審査制度
  • 技術資料・ソフトウェア
  • 国土を知る

助成・表彰・審査制度 / 国土技術開発賞

第14回国土技術開発賞

入賞 土研式水位観測ブイ(投下型) 技術開発者 山越隆雄  受賞コメント

第14回国土技術開発賞 入賞 土研式水位観測ブイ(投下型)
技術開発者 (独)土木研究所 山越隆雄

受賞にあたって

 この度は、国土技術開発賞(入賞)を頂き誠にありがとうございます。

 土研式投下型水位観測ブイは、平成20年の岩手・宮城内陸地震の際に天然ダム水位監視用に開発されたものです。当時、地震によって形成された天然ダムの中には、地上からの接近が困難なため、水位監視が行えないものがありました。そのため、(独)土木研究所では、東北地方整備局の要請を受け、急きょ、市販の海洋観測用ブイに市販の水位計を取り付け、ヘリコプターで輸送可能なように組み上げて現地に投下しました。急造品にもかかわらず無事作動し、東北地方整備局の天然ダム対応に資することができました。その後、平成23年の台風12号に伴う紀伊山地の災害では、4つの天然ダムに対してこの水位観測ブイが投入され、天然ダム災害初動期の危機管理に役立てていただきました。

 水位観測ブイを短期間で製作するにあたりまして、関係者の皆さまの献身的なご協力をいただきました。ここに記して感謝の意を表します。また、地震や豪雨に伴う土砂災害の被災地の皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、速やかな復旧・復興をお祈りいたします。

受賞後の動き

 天然ダム災害への緊急対策技術は、水位計だけではありません。他にも様々なセンサーや技術を必要とします。今後とも、土木研究所において、それら緊急対策技術の開発に努めたいと思います。