• JICEについて
  • 調査報告・研究成果
  • 助成・表彰・審査制度
  • 技術資料・ソフトウェア
  • 国土を知る

助成・表彰・審査制度 / 国土技術開発賞

第17回国土技術開発賞

地域貢献技術賞 永久型枠工法 技術開発者 前 春雄 受賞コメント

第17回国土技術開発賞 地域貢献技術賞 永久型枠工法
技術開発者 浦河生コンクリート株式会社  氏名:前 春雄

受賞にあたって

このたびは、国土技術開発賞 地域貢献技術賞という名誉ある賞をいただき、まことにありがとうございます。これまでにご支援、ご指導いただいた関係各位の皆様には心からお礼申し上げます。

漁港、港湾施設の老朽化に伴い施設の機能保全が進められておりますが、従来の機能を重視し高耐久性、経済性、効率性を鑑み工法の検討に着手致しました。永久型枠工法は、潮汐部の欠損部を高耐久性のプレキャスト部材で補修し機能保全を図る工法であり、特に欠損部分は、気象条件が非常に厳しく高耐久性が求められ部材の原材料の選定、永久型枠パネルの形状など多くの皆様のご助言をいただき、特に室蘭工業大学の濱教授日鉄住金セメント(株)皆様のご指導を心より深く感謝申し上げます。永久型枠工法の技術開発において日高振興局水産課の御協力のもと、試験施工を実施し狭隘な漁港の泊地の狭小間の解決、施工の安全性、施工速度の優位などを確認し補修工法として十分証明されたものと確信しているところです。今後において、漁港、港湾施設のみならず海岸構造物の劣化補修に貢献できるよう、より技術の研さんに努める所存でございますのでこれからもご支援、ご指導を宜しくお願い申し上げます。

受賞後の動き

永久型枠工法は、漁港、港湾の間口、泊地の狭小問題が解消し更には工期の短縮が図られ港湾施設利用に貢献できると考えておりますので皆様のご支援ご指導をよろしくお願いいたします。