• JICEについて
  • 調査報告・研究成果
  • 助成・表彰・審査制度
  • 技術資料・ソフトウェア
  • 国土を知る

助成・表彰・審査制度 / 国土技術開発賞

第17回国土技術開発賞

最優秀賞 過給式流動燃焼システム 技術開発者 落 修一 受賞コメント

第17回国土技術開発賞 最優秀賞 過給式流動燃焼システム
技術開発者 (公財)日本下水道新技術機構  氏名:落 修一

受賞にあたって

 この度は栄えある賞に与り光栄の極みです。受賞に際して本技術の有効性を認めて下さいました審査委員の皆様に御礼申し上げます。そして、本技術の可能性を最初に認めて下さいました共同受賞者の鈴木善三様、並びに本技術が世に出るきっかけを作って下さいました前土木研究所理事長の坂本忠彦様に心より感謝申し上げます。

 我が国にとってエネルギー問題は避けて通れない命題であります。私は、下水道の仕事に携わってきている中で、汚水に関しては無動力浄化を汚泥についてはエネルギー化を常に追求してまいりました。今回の受賞技術もその一環であり、どうしても下水道の汚泥をエネルギー生産に繋げたかったのです。過給式流動炉は、圧力下での燃焼を装置化したもので、それは単に物が燃えるときの炭素と酸素の距離を縮めて燃えやすくすることを目指したもので、高密度燃焼と名付けて説明してきました。この燃焼法は小学生にも受け入れられた易しい現象の技術でした。

 装置化や実用化に際しては多くの組織や関係者の方々に協力を仰ぎました。本当は個々に記してお礼を申し上げるべきところですが、皆様にはお許しを頂いて、ここに衷心より感謝の意を表します。

受賞後の動き

 下水汚泥を焼却処理している自治体関係者においては過給式流動炉の知名度は相当に高いものとなっています。これからも機会をみては技術説明に努めていく所存です。一方、本開発技術から産せられる下水汚泥の燃焼残渣、即ち灰も資源に乏しい我が国にあっては貴重なもので、特に食料自給率の向上に不可欠な肥料資源としての価値が高く、これを保全・利用していく技術開発に取り組んでまいります。ご協力をお願いします。