• JICEについて
  • 調査報告・研究成果
  • 助成・表彰・審査制度
  • 技術資料・ソフトウェア
  • 国土を知る

調査報告・研究成果 / 災害調査報告

『平成23年7月新潟・福島豪雨』の概要

『平成23年7月新潟・福島豪雨』について

7月27日から30日にかけて、新潟県と福島県会津を中心に大雨となりました。特に、28日から30日にかけては、前線が朝鮮半島から北陸地方を通って関東の東に停滞し、前線に向かって非常に湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定となって、新潟県と福島県会津を中心に記録的な大雨となりました。

平成23年7月新潟・福島豪雨

1時間、24時間、72時間降水量では、新潟県加茂市宮寄上、福島県南会津郡只見町只見等の多くの地点で観測史上1位を更新しました。今回の調査対象である五十嵐川上流や、魚野川上流部でも記録的な降水量となりました。

平成23年7月新潟・福島豪雨

【出典】平成23年7月新潟・福島豪雨(平成23年(2011年)7月27日〜7月30日):気象庁

関連リンク

平成23年7月新潟・福島豪雨(平成23年(2011年)7月27日〜7月30日):気象庁
平成23年7月27日から7月30日の大雨に関する新潟県気象速報:新潟地方気象台
平成23年7月新潟・福島豪雨の発生要因について〜過去の豪雨事例との比較〜:気象庁
「平成23年7月新潟・福島豪雨」による信濃川洪水の概要(洪水速報第1報):北陸地整
『平成23年度新潟・福島豪雨』による阿賀野川(直轄管理区間)出水の概要:北陸地整
平成23年7月新潟・福島豪雨による被害状況(第1報)H23.8.3:新潟県土木部