• JICEについて
  • 調査報告・研究成果
  • 公益事業・その他
  • 技術資料・ソフトウェア
  • 国土を知る

JICEレポート

JICE REPORT 第33号

表紙

◆永代橋(えいたいばし)
 東京都中央区と江東区を結び隅田川に架かる永代橋は、江戸時代元禄年間に架橋されてから、形を変えながらも現代まで重要なインフラとして役割を果たしてきた。
 歴史を紐解いてみると、様々な危機に直面した経験を持つ。財政難を理由に幕府による橋の維持が困難となった際には、民間に管理を移行し通行料の徴収で廃橋を免れた。その後も1807年(文化4年)に日本史上最大といわれる落橋事故が発生するなど、落橋や流出に見舞われ、架け替え工事は幾度も行われた。1897年(明治30年)に現在地に移設され、道路橋としては日本初の鋼製トラス橋として再架橋された。構造が頑丈であったことから路面電車も敷設されたが、橋底や橋板に木材を使用していたため、大正13年の関東大震災で焼け落ちてしまう。
 現在の形となったのは大正15年である。関東大震災における帝都復興のシンボルとなっている。悲劇の歴史を歩みながらも、どの時代においても町の発展に寄与してきた橋であるといえる。
 2007年には、都道府県の道路橋として初めて、同じ隅田川の勝鬨橋、清洲橋とともに国の重要文化財に指定されている。

(撮影場所:東京都中央区)

もくじ

ページ番号 内容
001

第32回 技術研究発表会について

002

研究報告

地下街等における避難確保・浸水防止対策の取り組み

●河川政策グループ 首席研究員 / 朝日向 猛
 河川政策グループ 研究主幹 / 岡安 徹也
 河川政策グループ 研究員 / 石川 直樹
 都市・住宅・地域政策グループ 首席研究員 / 沼尻 恵子

010

堤防被災の危機管理の経験と教訓/提案

河川政策グループ 首席研究員 / 銭谷 秀徳

014

公共空間の活用・維持管理と連動したエリアマネジメントの現状と課題

●都市・住宅・地域政策グループ 首席研究員 / 佐々木 正

020

ICT・AI技術を活用した道路管理高度化の取組み

●道路政策グループ 首席研究員 / 谷口 宏
 道路政策グループ 主席研究員 / 有賀 清隆
 元 道路政策グループ 主席研究員 / 青木 賢司

024

未来への投資 新たな価値・文化空間としての「みち」の創出 〜道路空間委員会 提言とりまとめ〜

●道路政策グループ 首席研究員 / 野平 勝
 道路政策グループ 上席主任研究員 / 竹本 由美

028

工事記録映像の活用に関する研究

●技術・調達政策グループ 研究主幹 副総括 / 阿部 俊彦
 国土交通省大臣官房技術調査課 建設生産性向上推進官
(元国土技術研究センター 技術・調達政策グループ 研究主幹 副総括)/ 横地 和彦

032

国土政策研究所 講演会

国土マネージメントに関する政策立案の視点

●中央大学研究開発機構 教授 / 福岡 捷二 氏

048

寄稿

熊本地震から2年、改めて国土教育について考える

●前 国土交通省九州地方整備局 熊本河川国道事務所長 / 森田 康夫 氏

048

洪水被害からの復活までの道のり〜平成28年台風第10号による小本川の氾濫と対応、ご支援について〜

●岩泉乳業株式会社 取締役副社長 / 下道 勉 氏

059

事業紹介・事業報告

JICE 研究開発助成

●情報・企画部 首席研究員 / 田邊 輝行
  情報・企画部 主任研究員 / 山内 能章