• JICEについて
  • 調査報告・研究成果
  • 助成・表彰・審査制度
  • 技術資料・ソフトウェア
  • 国土を知る

技術資料・ソフトウェア / 基準・技術資料

解説・特定都市河川浸水被害対策法施行に関するガイドライン

掲載日時:2007/05/01

はじめに

 平成15年6月11日に「特定都市河川浸水被害対策法」が制定され、本法律の施行にあたり、「特定都市河川浸水被害対策法施行に関するガイドライン」(以下、「ガイドライン」という。)が国土交通省都市・地域整備局下水道部、河川局により策定されました。

 このたび、国土技術研究センターでは、国土交通省都市・地域整備局下水道部、河川局のご指導、ご助言を受け、本ガイドラインが広く周知され、都市水害対策の一助として活用していただけるよう、上記ガイドラインに解説を加えて発行することとしました。

  今後、本ガイドラインが、幅広く周知・活用され、特定都市河川及び特定都市河川流域における総合的な浸水被害対策がより一層促進されることを切望いたします。

解説・特定都市河川浸水被害対策法施行に関するガイドライン
■ 定価: 3,545円(税込み)
■ 編著:財団法人 国土技術研究センター
■ 監修:国土交通省 都市・地域整備局下水道部、河川局
本書のご注文は 販売・配布/貸出し図書 をご覧ください。

関連ソフトウェアの公開

 本書の発刊に併せ、雨水貯留浸透施設としての調整池の容量、浸透施設の規模の算定に関して、降雨、行為区域、土地利用等の諸要素を自在かつ容易に取り扱うことができる計算システムを作成しましたので、公開いたします。

調整池容量計算システム

技術資料・ソフトウェア / 基準・技術資料一覧へ