• JICEについて
  • 調査報告・研究成果
  • 助成・表彰・審査制度
  • 技術資料・ソフトウェア
  • 国土を知る

技術資料・ソフトウェア / JICEの部屋(コラム)

われわれは「個人」として立てるのか

掲載日時:2015/09/09

 憲法に関する議論がやっとまともに行える状況が生まれてきた。現在でもなくなってはいないが、かつては「護憲勢力」を自称する人々がいて、憲法をまるで神のように奉り、少しでも触れたりすると罰でも当たるかのような風潮がこの国を覆っていた。

 「不磨の大典」としてあがめてきた多くの人々がいた。わが国を取り巻く諸外国の力関係や環境も、わが国の存在の大きさも、憲法制定時とは様変わりしているのに、それを認めようとしない人々がいた。

 わが国以外の先進国では、ある国では戦後何十回も、少ない国でも何回も憲法を改正してきているほどに各国を取り巻く環境や国民と政府との関係も変化し、それは日本でも同様であるのに、それをまったく理解しようとしない人々がいた。しかし、完全に過去形とは言えないものの、状況は変化してきた。

 まず、前文にある「平和を愛する諸国民の公正と信義」を信頼などできるのか、という当たり前の疑問が生まれている。まったく歴史的根拠がないにもかかわらず厚顔無恥にも領有権を主張する国々に領海の三方まで囲まれているのだ。どこに平和を愛している諸国民がいるのか、どの国に公正と信義があるのか、どの国も国益至上主義なのにそんな国などどこにもないではないかという当然の疑問が生まれてきたのである。

 これは日本人は平和を愛さないと規定したいが、それはさすがにできないから反語として書かれた表現だ。これを前提として世界の現実と常識をまともに見つめようともせず、「ユートピア平和主義」の夢にふけってきたのだ。「非武装中立」などという国際政治の力学を完全に無視した主張が堂々と論壇をにぎわしていたのは、そんなに昔の話ではない。

 中立を標榜するスイスでは、中立を守るために国民皆兵を国是とし、徴兵制までもが採用されている。最近まで、家の建設には核シェルターの設置が義務づけられていたし、国土を要塞化するための基地やトーチカが国中のあちこちに常設されている。

 これだけの覚悟と用意があってはじめて成り立つ「中立」なのであって、非武装などでは論理的に考えても中立を保つことなどできるはずもない。これが一時期とはいえ論壇で支配的であったのは、われわれが要は「面倒なことは考えたくもないし、したくもない」という知的にも労的にも怠慢に陥っていたからに違いない。

 この前文以外の条文にも改正・改善すべき部分がいくつもあり、そこで改正手続きを定めた96条改正が議論となっている。

 ここで考えたいのは、一部には指摘があるようなのだが見過ごされがちな問題を含む条文の13条である。「すべて国民は、個人として尊重される。」という部分である。なぜこれを問題だと考えるかというと、個人主義は日本人に合わないからである。

 ここで奇妙な「日本人異質論」を展開しようとしているのではない。かつて、アメリカからの牛肉の輸入間題に対して、「日本人は腸が長く肉食に向かない」などという不思議な反論を構築して世界から笑いものにされたという異質論を再現しようとしているのではない。しかし、日本人は世界から見てやはり異質といわざるを得ないところがあるのも確かなのだ。

 その端的な証明の1つが、キッシンジャーの「率直な日本観を示す。これはアメリカ政府全体の見方ではないが、ホワイトハウスの代表的な見解だ。中国と日本を比較した場合、中国は伝統的に世界的な視野を持つが、日本は部族的な視野しか持っていない。」(2002年8月6日 産経新聞)という発言である。キッシンジャーを憧憬する日本人は多いが、彼の日本評価はこのようなものなのだ。彼が言うように、この辛い評価は当時(だけ?)のアメリカ大統領府のコンセンサスでもあったのである。

 「トラストミー事件」は今や振り返るのも情けない恥辱的な出来事だった。このことは彼が安全保障にまったく正対してこなかったことを示すのだが、安全保障にきちんと向き合わない政治家がいることなど、世界の政治常識では考えられないということだ。

 われわれは小集落の仲間で暮らし、成文法的なルールもないまま、みんなで徹底的に話し合って約束を定め、日々の暮らしが気まずくならないことを何よりも優先してきた。

 その結果、仲間の和を尊び、仲間からの承認に最も喜びを見いだすわれわれとなった。全くの個人競技である競泳ですら、ロンドンオリンピックでは「仲間みんなで勝ち取ったメダルです」となる。東大の坂村健教授は、日本人のほとんどが不安に弱い遺伝子を持つのだという。不安に弱いわれわれ1人ひとりは、だから仲間で戦うのだが、不安に強い中国・西欧は「個人」で戦える。だから彼らは個人で戦いたいというのである。

 このことを例証する事例には事欠かない。駅伝大好き日本人だが、個人を評価できない駅伝を彼らは好まない。仲間への貢献に至福を感じる日本人だからこそ、駅伝を好むのだ。われわれは、個人として尊重されるよりも、仲間の1人として承認される方がありがたいと考えてきたのだ。だから、13条には例えば、「家族の一員として尊重される」「地域コミュニティの構成員の1人として尊重される」と書かれる必要があったのだ。

 ここに「個人として尊重される」世界を持ち込んで、個性を強要すると奇妙なことが起こってしまう。その典型の1つが最近の子供たちの「読めない名前」だ。名前は初対面でもまず正確に読めることは基本中の基本だと考えるが、最近の親たちは、この憲法のいう「個人尊重」に脅迫され、読めもしない奇妙な文字列を名前に当てて個性だという。

 一時流行った成果主義も、むき出しの個人の評価主義では日本人は力が出せない。競争がすべてだという輸入品の新古典派経済学もわれわれの体質とはなじまない。

 イギリスなどで導入されているからと持ち込んだ小選挙区制は、実際は選挙区ごとの「個人戦」だ。いろいろ議論はあるようだが、やはり「彼らに負けた」ではなく、「あの人に負けた」は、日本人には受け入れ難いものなのである。