• JICEについて
  • 調査報告・研究成果
  • 助成・表彰・審査制度
  • 技術資料・ソフトウェア
  • 国土を知る

助成・表彰・審査制度 / 国土技術開発賞

第12回国土技術開発賞

優秀賞 ジャケット式桟橋の長期防食システム 技術開発者 森浩章 受賞コメント

第12回国土技術開発賞 優秀賞 ジャケット式桟橋の長期防食システム
技術開発者 JFE エンジニアリング(株) 森浩章

受賞にあたって

 

このたび、国土技術開発賞・優秀賞をいただき、大変身に余る光栄と感じております。本技術は、社内外の多くの関係者のご協力・ご助言により開発されたものであり、皆様に感謝いたします。

 羽田空港D滑走路の桟橋構造では期待耐用年数100年の防食仕様が求められ、当社の羽田空港プロジェクトチームの一員として、本技術の実用化に取り組みました。特に耐海水性ステンレス鋼の耐食性向上に向け、各種表面処理の異なる隙間腐食試験および孔食試験等の促進試験を行い、最適なステンレス材料とその表面処理条件を導き出しました。また、ライフサイクルコストを極力低減した板厚0.4mmの極薄ライニングの施工方法であるインダイレクト抵抗シーム溶接と、端部の隙間を無くし高耐食性を確保したプラズマすみ肉溶接による併用方法を実用化し、大量急速施工に対応可能な装置開発を実現しました。

 この実用化技術を確立するまでには、当社のエンジニアリング研究所(現、総合研究所)、津製作所をはじめ、JFEスチール、日本冶金工業に所属する様々な分野を専門とする方たちの英知を集め、防食技術と溶接施工技術が一体となり確立したものです。これらの技術開発過程に一貫してたずさわれたことは、技術者として極めて貴重な経験となりました。

受賞後の動き

 今回の受賞を機に、耐海水性ステンレスライニング工法を普及させることにより、海洋・港湾鋼構造物の長寿命化に寄与できれば幸いでございます。