• JICEについて
  • 調査報告・研究成果
  • 助成・表彰・審査制度
  • 技術資料・ソフトウェア
  • 国土を知る

助成・表彰・審査制度 / 国土技術開発賞

第14回国土技術開発賞

優秀賞 二重ビット 技術開発者 吉田譲 受賞コメント

第14回国土技術開発賞 優秀賞 二重ビット
技術開発者 ジャパントンネルシステムズ(株) 吉田譲

受賞にあたって

 「国土技術開発賞・優秀賞」をいただき、技術開発者一同光栄に感じております。本技術は、開発段階から多くの改良を加え、実機への採用から信頼性を向上させていただいたものであり、社内外の多くの関係者の皆様のご協力に感謝します。

 各種用途のトンネルが、中間立坑用地の確保が難しいことや、建設コストの低減が叫ばれている近年の社会的ニーズのなかで、シールド掘進機の長距離施工が、この十数年の間、要求されています。特に切羽を直接掘削するカッタービットは、多くの技術者の悩みの種であり、各種の方策が立案・実行されてきました。

 そのような環境の中で、従来の施工実績からその特性を生かし、今回の二重ビットの開発を進め、一次ビット(上側ビット)が磨耗し機能が消滅後、新品の二次ビット(下側ビット)の機能が有効となるビット構造は、机上の開発だけでなく、実機による実工事への採用、そして改良を加え、その有効性が確認されてきました。これまでにご指導・ご採用いただきました福井市殿、東京都殿、国土交通省殿に深く感謝します。

受賞後の動き

 シールド掘進機の長距離施工の要求は、今後も継続されることは、社会的ニーズから当然と考えられます。本技術の二重ビットを継続採用・更なる改良を進めることだけでなく、新技術の開発を進め、今後の土木技術の発展に寄与したいと考えています。