• JICEについて
  • 調査報告・研究成果
  • 助成・表彰・審査制度
  • 技術資料・ソフトウェア
  • 国土を知る

助成・表彰・審査制度 / 国土技術開発賞

第14回国土技術開発賞

優秀賞 二重ビット 技術開発者 足立英明 受賞コメント

第14回国土技術開発賞 優秀賞 二重ビット
技術開発者 大成建設(株) 足立英明

受賞にあたって

 この度は、栄誉ある第14回 国土技術開発賞「優秀賞」を賜り、身に余る光栄に存じます。本技術の開発と実用化に際し、様々な方々からのご指導、ご支援をいただきましたことを心より御礼申し上げます。

 近年のシールド工事は、増々長距離化の傾向が見られ、シールドマシンのビットの耐久性向上が急務となっております。これまで、ビットの耐久性向上に関する技術開発としては、ビットを交換する技術、ビット自体の耐磨耗性を向上させる技術が開発されてきましたが、本技術は、磨耗したビットから新しいビットが生まれ変わるといった新しい発想から開発されました。構造もシンプルであるため、本ビットを設置するスペースも従来のビット設置スペースと同等であり、小口径から大口径まで様々なビット配置が可能です。

 今回の受賞は、技術開発、実施工にあたり関係者の方々の多大なるご協力をうけ賜わりました。ここに感謝の意を込めて、御礼申し上げます。

受賞後の動き

 本技術はすでに、7件のシールド工事にて採用され、特に私自身の配属する品川線シールド工事において8qの掘進を完了しております。今後、実施工における実証データを蓄積することにより、さらなる合理化をすすめ、今後の長距離シールド工事にさらに貢献できることを期待しております。