• JICEについて
  • 調査報告・研究成果
  • 助成・表彰・審査制度
  • 技術資料・ソフトウェア
  • 国土を知る

助成・表彰・審査制度 / 国土技術開発賞

第9回国土技術開発賞

最優秀賞 石垣修復支援システム 技術開発者 藏重 裕俊 受賞コメント

第9回国土技術開発賞 最優秀賞石垣修復支援システム  (3Dモデル配置システム)
技術開発者 藏重 裕俊

受賞にあたって

今回、石垣の修復工事に参加して石垣修復支援システムを構築し、このような名誉ある賞を受賞できたことを光栄に思います。

石垣修復支援システムは、個々の築石を全方向から計測し、モデル化するという初めての試みを用いました。この計測は、築石の各面が掘り起こされるたびに計測しなければならないので非常に手間がかかる作業でした。しかし、3Dレーザと写真測量を活用することで短時間の計測が可能となり、現場の解体作業に並行して計測することができました。取得したデータは室内作業で合成し、3Dモデル化を行いました。

作成した築石の3Dモデルを解体前の位置に配置することで、いつでも解体前の石垣や背面の状況を詳細に確認することができます。また、システム上で築石モデルを移動させることにより、外観や石材間の干渉チェックなどの検討が容易に行えます。

こうして作り上げた石垣修復支援システムを多くの人が見て修復線形を検討し、修復計画に従って積まれる石垣を見るのは感慨深いものがありました。

受賞後の動き

現在はデータ量の膨大さから利用できるパソコンが限られていますので、輪郭付近のみデータを残すといった精度を低下させない軽量化の手法を取り入れたいと思います。そして石垣修復工事において、同じ修復イメージを持ち、検討の行えるこのシステムが多くの場で活躍できるよう望みます。また、これからも短時間で高精度の計測が行えるように最新技術の情報収集と技術力の向上を目指していきたいと思います。