• JICEについて
  • 調査報告・研究成果
  • 助成・表彰・審査制度
  • 技術資料・ソフトウェア
  • 国土を知る

助成・表彰・審査制度 / 国土技術開発賞

第10回国土技術開発賞

最優秀賞 太径曲線パイプルーフ工法 技術開発者 伊藤 康裕 受賞コメント

第10回国土技術開発賞 最優秀賞 太径曲線パイプルーフ工法
技術開発者 伊藤 康裕

受賞にあたって

このたび、企業間を超えたプロジェクトに参画でき、その位置計測技術の分野に携わり、実用化まで導き、その一連の開発過程を評価していただけたことは身に余る光栄なことと考えます。

この受賞の裏には数多くの技術者が携わっており、これらワーキングメンバーの方々のご支援ご協力があったからこそ本日を迎えることができたと思っており感謝いたしております。

残念ながら、首都高速中央環状新宿線富ヶ谷出入り口トンネル工事の本技術が採用された部分は、完成後、一般の目に触れることはありません。しかし、縁の下の力持ちとして公衆の安全で安心な社会資本を今後とも支え続ける技術であると自負しております。

受賞後の動き

今回、開発された技術は様々な基礎技術が深度化され、融合して成立したものと考えております。ここで培ったノウハウを、今後、アンダーパス分野の開発技術に適用し、技術の応用、展開を図っていきたいと考えます。