• JICEについて
  • 調査報告・研究成果
  • 助成・表彰・審査制度
  • 技術資料・ソフトウェア
  • 国土を知る

助成・表彰・審査制度 / 国土技術開発賞

第16回国土技術開発賞

優秀賞 斜め土留め工法 技術開発者 前田知就 受賞コメント

第16回国土技術開発賞 優秀賞 斜め土留め工法
技術開発者 (株)大林組 前田 知就

受賞にあたって

この度は、栄誉ある第16回 国土技術開発賞「優秀賞」を賜り、開発者の一員として身に余る光栄を感じております。

斜め土留め工法は、従来鉛直に構築されてきた仮設土留め壁を傾斜させるという発想の転換により、土留め壁に作用する土圧を低減し、深い掘削工事では必要とされる支保工を省略した自立形式の土留め工法です。傾斜した自立式土留め壁を構造的に成立させるために、様々な条件での遠心模型実験を経て、設計技術の確立に努めましたが、初めて採用頂いた現場で、無事に掘削が終了し、高精度に斜めに土留め壁が構築できていた様子を確認できた際には、感慨深いものがありました。本工法は、親杭横矢板や鋼矢板など従来工法・材料を用いた様々な構造形式での施工が可能な汎用性の高い工法です。本工法の適用により、支保工が無いオープンな開削地下空間が確保され、本設構造物の品質向上や開削工事の急速施工化および合理化など、社会に貢献できれば幸いです。

最後になりますが、本工法の開発と実用化に際し、様々な方々からのご指導、ご支援をいただきましたことをこの場をお借りして、心より御礼申し上げます。

受賞後の動き

今回の受賞を励みとして、更に本工法の普及につとめ、異なる条件での実験や種々の施工実績によりデータを蓄積し、本工法の適用範囲の拡大に努力したいと考えております。