• JICEについて
  • 調査報告・研究成果
  • 助成・表彰・審査制度
  • 技術資料・ソフトウェア
  • 国土を知る

助成・表彰・審査制度 / 国土技術開発賞

第16回国土技術開発賞

最優秀賞 浮体式仮締切工法 技術開発者 高田悦久 受賞コメント

第16回国土技術開発賞 最優秀賞 浮体式仮締切工法
技術開発者 鹿島建設(株) 高田 悦久

受賞にあたって

このたびは、名誉ある国土技術開発賞 最優秀賞を受賞することができこれまで御指導、応援いただいた関係各位の皆様には心からお礼申し上げます。

仮締切という設備のもっている重要な機能を十分考えて設計における安全、施工における安全すべてにおいて想定外ということがないように各段階においてご指導をいただき何とか確信をもって施工することができましたことに藤澤顧問をはじめとするダムセンターの皆様、国土交通省九州地方整備局川内川河川事務所の皆様には心から感謝申し上げます。今回の技術開発は技術開発にとどまらず最終的に実施工まで行うことができ鶴田ダム施設改造工事における安全確保、工程確保に対して十分貢献できたことにより施工の安全性、施工速度の優位性等が十分証明されたと確信しております。これからますますダムのリニューアル工事が必要になる中、大水深での非常に厳しい作業環境の改善と安全確保および工期の短縮にこの技術が貢献してくれること期待しております。また、この技術が海外のダムのリニューアルのために日本の土木技術の輸出という分野においても十分貢献できることも期待しておりますのでこれからもご指導よろしくお願いいたします。

受賞後の動き

この技術は一つのダムで転用回数が多いほど大きな力を発揮できるので、海外を含め需要が多くなるダムのリニューアルにおける適用現場をリサーチし、貢献していきたいと考えていますので皆様のご指導ご支援よろしくお願いいたします。