• JICEについて
  • 調査報告・研究成果
  • 助成・表彰・審査制度
  • 技術資料・ソフトウェア
  • 国土を知る

助成・表彰・審査制度 / 国土技術開発賞

第17回国土技術開発賞

地域貢献技術賞 永久型枠工法 技術開発者 小田 秀輝 受賞コメント

第17回国土技術開発賞 地域貢献技術賞 永久型枠工法
技術開発者 (株)南組  氏名:小田 秀輝

受賞にあたって

このたびは、国土技術開発賞 地域貢献技術賞という名誉ある賞をいただき誠にありがとうございました。地方活性化のための技術開発を評価頂き深く感謝申し上げます。

又、永久型枠工法の技術開発に取組み、日々根気強く努力頂いた皆様に心から御礼申し上げます。

この永久型枠工法は長年に渡っての経年劣化、厳しい自然環境下に置かれ劣化欠損しているコンクリート構造物をいかに短期間で、品質良く、安く、安全に補修・補強するかをコンセプトに開発した技術です。

特に漁港・港湾で劣化が見受けられる本体コンクリートの補修・補強に着目しました。

従来の方法として腹付け工法(W=1.5m拡幅)がありますが港の泊地・間口が狭くなり漁船の安全操業の支障となっています。

永久型枠工法は高強度の永久型枠パネルを使用することによって拡幅幅が約0.3mで本体コンクリートの補修・補強を可能にしました。

又、永久型枠工法では永久型枠設置用架台、形状自在褄枠、移動式足場等、より効率良く、より安全に作業できる機材について改良を重ね開発しました。

これからも施工を通じて日々技術の研鑽をし、漁港・港湾の補修・補強工法として地域に貢献できる様

精進致しますのでご指導ご支援の程宜しくお願い致します。

受賞後の動き

永久型枠工法を施工して気付いた問題点及び課題について日々改善し、より完成度を上多種多様な現場環境に対応できる様に改良を進めて参ります。
又、漁港・港湾構造物に限らず多方面に永久型枠工法を適用し地域社会のインフラ整備に貢献できる様、技術開発する所存でおりますので皆様のご指導ご支援宜しくお願い致します。