• JICEについて
  • 調査報告・研究成果
  • 助成・表彰・審査制度
  • 技術資料・ソフトウェア
  • 国土を知る

助成・表彰・審査制度 / 国土技術開発賞

第17回国土技術開発賞

入賞 ルーフと揺動カッタによる新形式都市アンダーパス工法 技術開発者 滝本邦彦 受賞コメント

第17回国土技術開発賞 入賞 ルーフと揺動カッタによる新形式都市アンダーパス工法
技術開発者 鹿島建設(株)  氏名:滝本邦彦

受賞にあたって

このたびは,名誉ある国土技術開発賞(入賞)に選考頂き誠にありがとうございます。この工法を採用頂いた三井住友海上火災株式会社様、東京地下鉄株式会社の皆様、更には工法のアイデア抽出から開発実施、実施工でご協力頂いた関係者の皆様には心より御礼申し上げます。

都市部交差点の交通渋滞解消には、シールド機のような掘進機を用いたアンダーパス工法が短工期施工可能という利点がありながら、短距離のため機械費用比重が重くなり市場展開が鈍いという現状を見て、更には超低土被り掘進という状況での安全性確保も合わせて達成したいという着眼から開発を進めてまいりました。第1号工事である「新御茶ノ水駅連絡出入口設置工事」で安全にかつ短工期で施工が完了出来たことは、この工法の優位性が十分証明されたと確信しております。更に、第2号工事では拡張した機械転用が行えて年内には発進を迎えますが、経済性においても益々効果を発揮しております。

受賞後の動き

この工法は機械の転用性、拡張性にも優れた利点を有しているため、これまでの実績である地下通路建設のみならず道路や鉄道の交差部における交通渋滞解消に向けて、社会貢献出来るものと考えておりますので、更なる技術革新を図りながら開発を邁進してまいりますので、皆様のご指導ご支援を宜しくお願いいたします。