• JICEについて
  • 調査報告・研究成果
  • 助成・表彰・審査制度
  • 技術資料・ソフトウェア
  • 国土を知る

助成・表彰・審査制度 / 国土技術開発賞

第17回国土技術開発賞

入賞 ETC電子マニフェストシステム 技術開発者 建部 実 受賞コメント

第17回国土技術開発賞 入賞 ETC電子マニフェストシステム
技術開発者 阪神高速道路株式会社  氏名:建部 実

受賞にあたって

この度は栄誉ある国土技術開発賞・入賞にご選考頂き、誠にありがとうございます。

本システムでは、有料道路の料金支払い手段であるETCの技術や利便性をもっと多目的に活用しようという発想を基に、大量の建設廃棄物を伴う公共建設工事において紙マニフェストや従来の電子マニフェストが抱えていた諸問題を解決し、建設廃棄物処理と建設副産物再生利用の両立に必要な確実性・客観性の担保、大幅な効率化、運搬車両のCO2排出量削減など様々な面で貢献することが可能となりました。

システム導入に際し、廃棄物処理やETC多目的利用にかかる法令・制度面から技術面まで多方面からご指導、ご支援賜った方々にこの場を借りて厚く御礼申し上げます。

受賞後の動き

本システムは、現在建設中の阪神高速大和川線において導入時から4年以上、適正なマニフェスト管理の実績を積み上げ事業推進に寄与しています。引き続き、阪神高速で培った技術・ノウハウを公共建設工事に限らず様々な課題を抱える公共や民間の現場で貢献できるよう努力を重ねてまいりたいと考えております。