• JICEについて
  • 調査報告・研究成果
  • 助成・表彰・審査制度
  • 技術資料・ソフトウェア
  • 国土を知る

助成・表彰・審査制度 / 国土技術開発賞

第5回国土技術開発賞

建設分野の新技術への挑戦

第5回国土技術開発賞

「国土技術開発賞」は、国と社会が要請する新しい建設産業における技術開発を総合的、効果的に行うとともにその活用に向けた普及を推進するため、建設産業における優れた新技術及びその開発に貢献された技術開発者を対象に表彰する事業です。

同事業は、平成10年度に財団法人国土技術研究センターが「建設技術開発賞」と称して創設(平成11年度より表彰を開始)した事業で、その後、平成13年1月の国土交通省発足を機に、「国土技術開発賞」と改名するとともに、財団法人沿岸開発技術研究センターとの共催で実施することとし、民間等の建設産業における新技術の開発者に対する研究開発意欲の啓発と建設技術水準の向上を図り、もって「世界に誇れる暮らし」の実現を支える社会資本に必要となるソフトな技術も含めた広範な新技術を対象として実施しています。

この度、「第5回国土技術開発賞」では、60件(第1回75件、第2回43件、第3回59件、第4回46件)の新技術の応募をいただき、第5回国土技術開発賞選考委員会において厳正な審査を行った結果、13件(最優秀賞1件、優秀賞2件、入賞10件)の新技術の入賞が決定しました。

実施主体

主  催: 財団法人 国土技術研究センター
財団法人 沿岸技術研究センター
後  援: 国土交通省
協  賛: 財団法人 日本建設情報総合センター
財団法人 先端建設技術センター
財団法人 港湾空港建設技術サービスセンター

対象技術

住宅・社会資本に係わる、計画・設計手法、施工方法、維持管理手法、材料、機械などの広範に亘る技術で、概ね過去5年以内に技術開発され、かつ過去3年間以内に実用に供された新技術とします。

賞の種類

最優秀賞: 国土交通大臣表彰
優秀賞: 国土交通大臣表彰
入 賞: 選考委員会委員長表彰

応募資格等

1.応募者

応募技術を中心となって開発した者(個人(*)、民間法人、行政機関等(**))とします。
(*) : 個人とは、大学等の研究・教育機関に所属する学識経験者等を指します。
(**) : 行政機関等は、国及び地方公共団体等、特殊法人、独立行政法人及び公益法人とそれらに付属する研究機関等の全ての機関を指します。

2.共同開発者

共同開発者は、応募技術の開発に関し、応募者とならないまでも参画を行った者(個人、民間法人、行政機関等)とし、応募技術が入選した際の表彰対象とはなりませんが公表対象には含みます。

3.技術開発者

技術開発者は、応募技術の開発に“直接”かつ“中心”となって携わった者の内、“技術的に重要な役割”を担った担当者とします。
なお、応募者並びに共同開発者以外の民間法人等に所属する者も技術開発者の対象とします。

募集期間

平成15年5月12日(月)から平成15年5月30日(金)

選考方法

応募資料に基づき、第5回国土技術開発賞選考委員会において選考

選考委員会委員

委員長 中村英夫 (武蔵工業大学教授)
委 員 中川博次 (立命館大学教授)
 〃  国土交通省  技監
 〃  国土交通省  大臣官房技術総括審議官
 〃  国土交通省  大臣官房技術審議官
 〃  国土交通省  国土技術政策総合研究所長
 〃  国土交通省  国土地理院長
 〃  独立行政法人 土木研究所理事長
 〃  独立行政法人 建築研究所理事長
 〃  独立行政法人 港湾空港技術研究所理事長
 〃  財団法人   国土技術研究センター理事長
 〃  財団法人   沿岸技術研究センター理事長

最優秀賞:F−NAVIシールド工法の開発・実用化

副題:シールドトンネルの掘進・覆工同時施工による高速施工法

受賞技術の応募者および開発者

最優秀賞
佐藤茂樹国土交通大臣政務官と最優秀賞の受賞者
(03.12.18)
最優秀賞
大石久和国土交通省技監と最優秀賞の受賞者
(03.09.30)

応募者名 清水建設(株)
受賞技術の概要

優秀賞:FCF(Fast Failsafe Climbing Form)工法

副題:水平昇降ロボットジャッキシステム

受賞技術の応募者および開発者
応募者名 (株)フジタ

受賞技術の概要

優秀賞:水質監視システム

副題:硝化細菌を用いた毒物検出バイオセンサの開発と実用化

受賞技術の応募者および開発者
応募者名 (独)土木研究所
富士電機(株)
(株)富士電機総合研究所

受賞技術の概要

入賞:鋼製地中連続壁工法

副題:薄壁型・省スペース化・省力化施工の都市環境保全型地中連続壁工法

受賞技術の応募者および開発者
応募者名 新日本製鐵(株)

受賞技術の概要

入賞:SEW工法(Shield Earth Retaining Wall System)

副題:シールド直接発進到達工法

受賞技術の応募者および開発者
応募者名 (株)錢高組
積水化学工業(株)

受賞技術の概要

入賞:ビオ・セル・ショット工法

副題:苗吹付工(グラウンドカバープランツの動力吹付緑化工法)

受賞技術の応募者および開発者
応募者名 (株)大本組

受賞技術の概要

入賞: PRISM工法(Precast Rapid Intensification System to M

副題:プレキャストパネルによる橋脚の水中耐震補強工法

受賞技術の応募者および開発者
応募者名 前田建設工業(株)

受賞技術の概要

入賞:HiDAX(ハイダックス:High DAmping system in the neXt gener

副題:マイコン制御によるセミアクティブ型制震ダンパ

受賞技術の応募者および開発者
応募者名 鹿島建設(株)

受賞技術の概要

入賞:カプセル空気輸送による立坑ズリ出しシステム

受賞技術の応募者および開発者
応募者名 鹿島建設(株)

受賞技術の概要

入賞:日本沿岸波浪推算処理解析システム

副題:高精度波浪推算法と日本沿岸波浪推算データベースのGUIによる効率的な処理解析システム

受賞技術の応募者および開発者
応募者名 (独)港湾空港技術研究所

受賞技術の概要

入賞:建設ICカード

副題:建設従事者用ICカードの普及システムの開発

受賞技術の応募者および開発者
応募者名 清水建設(株)
(独)土木研究所
大成建設(株)
鹿島建設(株)
(社)日本建設機械化協会
西松建設(株)

受賞技術の概要

入賞: 「リバ・フレッシュ」システム

副題: プラスチック接触材を用いた河川湖沼の水質浄化技術

受賞技術の応募者および開発者
応募者名 (株)間組

受賞技術の概要

入賞:プラグマジック工法

副題:品質管理を高度化した管中混合固化処理工法

受賞技術の応募者および開発者
応募者名 東亜建設工業(株)

受賞技術の概要

記載は応募の受付順、会社名は応募書類の記載順による。