• JICEについて
  • 調査報告・研究成果
  • 公益事業・その他
  • 技術資料・ソフトウェア
  • 国土を知る

災害調査報告

平成30年 北海道胆振東部地震堤防被災調査(速報)

調査概要

 2018年(平成30年)9月6日午前3時6分、北海道胆振地方中東部を震源とするM6.7の地震が発生した。

 この結果、直轄河川堤防では、石狩川の支川(茨戸川、石狩川放水路、豊平川、剣淵川)4か所、鵡川本川で18か所、沙流川本川で4か所の計26か所で被災が発生した。

 被災の種類はほとんどが堤防天端の縦断亀裂であり、比較的軽微なものであった。

 河川政策グループでは平成30年9月8日に主な堤防被災を発生した鵡川において被災調査を実施したのでその概要について報告する。

調査者

  •  佐古 俊介(河川政策グループ 首席研究員)
  •  真野友里子(河川政策グループ 研究員)

    

    

ダウンロード