• JICEについて
  • 調査報告・研究成果
  • 助成・表彰・審査制度
  • 技術資料・ソフトウェア
  • 国土を知る

調査報告・研究成果 / 災害調査報告

平成28年熊本地震発生時における「道の駅」の運営等状況調査結果(速報)

調査の目的

 平成28年4月14日21時26分に熊本県熊本地方で発生したマグニチュード6.5、最大震度7の地震(前震)、平成28年4月16日に同じく熊本県熊本地方で発生した、マグニチュード7.3、最大震度7の地震(本震)により、熊本地方を中心として大きな被害が発生した。

 道路の被害に関しては、九州縦貫自動車道、大分自動車道が通行止め(九州縦貫自動車道は4/29開通)、国道57号の一部区間の他、県道等の被害による通行止めも発生している。

 被災地には道の駅が多く存在し、これら施設についての被災状況や運営状況等について把握することを目的として、JICE道路政策グループでは、道の駅の状況等に関する緊急現地調査を実施したものである。

調査メンバー

  •  野平 勝(道路政策グループ 道路防災・構造基準チームリーダー)
  •  吉田秀司(道路政策グループ 主席研究員)
  •  小林真也(道路政策グループ 研究員)

調査箇所


調査位置概要図
(国土地理院 地理院地図 電子国土webに加筆)

ダウンロード