• JICEについて
  • 調査報告・研究成果
  • 助成・表彰・審査制度
  • 技術資料・ソフトウェア
  • 国土を知る

調査報告・研究成果 / 災害調査報告

平成28年熊本地震による堤防被害調査

調査の概要

 平成28 年4 月14 日に熊本県熊本地方で発生した、マグニチュード6.5*と推定される前震、平成28 年4月16日に同じく熊本県熊本地方で発生した、マグニチュード7.3*と推定される本震により、熊本地方は甚大な被害となっており、熊本県内を流れる、緑川や白川の堤防にも、沈下や亀裂等の大きな被害をもたらしました。

 国土技術研究センターでは4 月18 日〜19 日にかけ、緑川本川や支川の加勢川、御船川を中心に、9 箇所の堤防の被害状況について調査を実施しました。

 本資料は、堤防の被害状況を速報としてとりまとめたものです。

*)マグニチュードは気象庁発表による


調査位置概要図
(国土地理院 地理院地図 電子国土web に加筆)

調査報告

地図上のマーカーをクリックすると調査箇所の詳細がご覧になれます。

 

調査報告書のダウンロード

お知らせ

4/22に掲載した調査報告について、誤りがありましたので訂正いたします。

修正箇所:P.3 2.熊本地震における地震動と堤防の被害地域 表内4段目

修正前 修正後
発生日時:平成28年4月15日 01時25分頃 (本震)
・マグニチュード:7.3
・震源の深さ:約10km
・震央:熊本県熊本地方
・最大震度: 7(益城町宮園)
発生日時:平成28 年4 月16 日 01 時25 分頃 (本震)
・マグニチュード:7.3
・震央:熊本県熊本地方
・震源の深さ:約10km
・最大震度: 7(益城町宮園、西原村小森
ダウンロード