• JICEについて
  • 調査報告・研究成果
  • 助成・表彰・審査制度
  • 技術資料・ソフトウェア
  • 国土を知る

調査報告・研究成果 / 災害調査報告

京都府福知山市等浸水被害現地調査報告

京都府福知山市等浸水被害現地調査報告
    〜平成26年8月15日から17日にかけての停滞前線による大雨による被害〜について

平成26年8月15日から17日にかけての停滞前線は、福知山市及び丹波市を中心に大雨を降らせ、両市及びその周辺地域において土砂災害や浸水被害を発生させました。

特に、福知山市内においては、多量の土砂を含む氾濫水が溢れ、その土砂の混入に伴う被害額の増大が指摘されておりますが、土砂の混入量と被害額の関係については明確にはなっていないのが現状です。

国土技術研究センターでは8月20日から21日に掛けて、福知山市及びその周辺地域の浸水状況、水害廃棄物の発生状況、排水機場等の公共・公益施設の被災状況を調査しました。

本報告書では、調査の概要を述べた第1章に続き、降雨と出水の状況(第2章)、人的被害・物的被害の状況(第3章)、調査結果(第4章)について記載し、これらの結果を踏まえて、浸水状況、水害廃棄物の発生状況及び内水対策について分かったことや感じたことを報告します。

map
主な調査位置

ダウンロード