• JICEについて
  • 調査報告・研究成果
  • 助成・表彰・審査制度
  • 技術資料・ソフトウェア
  • 国土を知る

助成・表彰・審査制度 / 国土技術開発賞

    • 第14回国土技術開発賞

優秀賞(国土交通大臣表彰)

DO−Jet工法 (第14回国土技術開発賞 優秀賞)

ミッションDO−Jet工法
応募技術名称DO−Jet工法
副題掘進機内から地中障害物を探査し、地盤改良と切断・除去が可能な工法
応募者名東京都下水道サービス(株)/中黒建設(株)
技術開発者〔東京都下水道サービス(株)〕岩佐行利
共同開発者(株)スギノマシン

技術の概要

1.技術開発の背景及び契機

 推進工法やシールド工法は、道路、鉄道、上下水道などのライフライン整備に必要不可欠な技術であるとともに急速な都市化とともに非開削工法としての地位を確立している。

 しかし一方では、都市化とともに進められた各種の基幹施設整備の際に様々な仮設構造物(鋼材など)を残置せざるを得ない場合が多く、都市再整備事業として進められている都市トンネル工事に大きな障害となる。

 従来の対応方法は、地上からの開削による直接撤去や地盤改良後にトンネル切羽から人力で撤去する方法が主流であった。このため、施工の安全面と周辺環境へ与える影響が大きく、交通事情や地域環境の制約により、地上から撤去を行うことが困難な場合が多くなっている。

 このような問題に対処するため、掘進機の面盤に装備した超高圧噴射ノズル(切断用ノズル、地盤改良用ノズル)を介して、機内から障害物の切断・除去と超高圧地盤改良を可能とした本技術が開発された。

2.技術の内容

 本技術では、次の3システムを用い、「地中障害物の切断・除去」、「地盤改良」の2つの目的を達成する。(図−1参照)

  1. 前方探査システム   :超高圧ジェット水の反射音などを計測し、地中障害物の位置・形状等を判定する機構
  2. 超高圧地盤改良システム:計画対象地盤への固化材噴射による地盤改良機能(置換方式)
  3. 切断・除去システム   :鋼材(H型鋼、鋼矢板)、杭(木、鋼管、PC、RC)などを切断・除去するための超高圧噴射ノズルとノズル移動機構(写真-1、3、図-2参照)および切断片排出機構

3.技術の効果

 本技術での「前方探査システム」、「超高圧地盤改良システム」および「切断・除去システム」の3機能については完成し、現在の設計上の能力は、鋼材切断能力は奥行30p、地盤改良体単体寸法は、径800o・長さ1,000〜1,500oである。なお、粘着力の高い粘性土では、2工程方式を採用する。

4.技術の適用範囲

  • 工種     :都市トンネル工事(推進工法、シールド工法)
  • 掘進機    :呼び径φ800mm以上の推進機、セグメント内径φ1,800mm以上のシールド機
  • 超高圧地盤改良:地山の安定、既設構造物防護、ビット交換等の地盤改良、地盤反力強化など
  • 切断・除去  :鋼材(H型鋼、鋼矢板)、杭(木、鋼管、PC、RC)など

5.技術の適用実績

勝島幹線その2工事、平成22年10月〜平成22年12月   他11件

写真・図・表