• JICEについて
  • 調査報告・研究成果
  • 助成・表彰・審査制度
  • 技術資料・ソフトウェア
  • 国土を知る

助成・表彰・審査制度 / 国土技術開発賞

    • 第3回国土技術開発賞

入賞(選考委員会委員長表彰)

BIGCANOPY (第3回国土技術開発賞 入賞)

ミッション工事の省力化及び生産性の向上に寄与する
応募技術名称 BIGCANOPY
副題高層鉄筋コンクリート造建物自動化建設システム
応募者名(株)大林組
技術開発者(株)大林組 古屋則之
       汐川孝
       吉田實
       浜田耕史
       栗田康平
       井上康夫
       国本勇
       宮川宏
       小野英雄

技術の概要

1.技術開発の背景と目的

 高齢化・少子化に伴う将来の深刻な労働者不足に対応して、建築工事現場では生産性の向上を図るとともに、若年労働者を引きつけ、高齢者にとっても働き易い環境を整備するなど魅力あるものに変革していく必要がある。一つの解決策として、天候に左右されない作業環境を整え、施工プロセスを機械化・自動化する建設システムのアイデアがあり、すでにいくつか開発されているが、いずれも鉄骨造建物が対象であった。

2.技術の内容

 BIG CANOPYは、鉄筋コンクリート造建物を対象として初めて開発された自動化建設システムであり、同調クライミング式の仮設屋根架構と、貨物リフトや屋根架構の下に設置した天井クレーン等の搬送機器で構成される。屋根架構は、建物の外部に設けたポストで支持され、ポストの継ぎ足しは屋根架構の上に設置したジブクレーンが行なう。

 建築資材はプレファブ化・ユニット化され、これらの搬入・建方等の生産計画及び生産管理業務はCAD情報にリンクした資材総合管理システムを用いて集中的に行なう。

 屋根架構や搬送機器などは躯体工事終了後、次の工事にすべて転用される。

3.技術の効果

 作業は多能工が中心となって進められ、屋根架構によって得られる快適で安全な作業環境や、垂直・水平方向に分離して搬送効率や操作性を高めた搬送システムによって、躯体工事が安定して進められ生産性が向上する。設備・仕上げ工事の早期着工が可能となり、全体工期が短縮する。建築資材は工業化製品が多く用いられ、全天候型施工により建物の品質が安定する。これらの搬入・建方等の実績記録は工場で資材に貼付されたバーコードを介して入力されるため、生産管理業務が確実に効率的に遂行される。以上により、建築生産にかかるトータルコストを低減することができる。

4.技術の適用範囲等

 既設トンネルの適用に関しては制約なし。特に、以下の事例では有効である。

  1. 湧水が多いトンネル、近辺に用水路の存在など環境面での配慮が必要な事例、覆工にクラックなどが多いトンネル(一般にシール工は不要)
  2. 建物用途は集合住宅や事務所ビルが中心となる。
  3. ポストが建物から独立しており、様々な形の建物に柔軟に対応できる。
  4. 適用実績 カムザ・スクエア八千代緑が丘タワーズ 他4件